北国岩手の山の中、釜津田暮らしも15年目。農家の嫁の毎日を絵日記風にお届け中。by AKI(kamatsuta2)
<   2006年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧
| |
|
2006年 09月 17日 | |
この二日頑張ったサイロ詰め。
カッターで刻んだデントコーンをサイロの中にひたすら詰め込む作業です。
ただ詰め込むだけではなく、しっかり踏み込むのがポイント(らしい)。
そして、その踏み方にもいろいろとコツとバリエーションが。

一、利き足での踏み込みメインでたまに横歩きなども入れられる基本パターン、
一、カカトでの踏み込みが楽な後ずさりバージョン、
一、足腰に自信のある人むけの両足踏み込みバージョン、
一、私得意の飽き飽き(ふり仮名はAKI AKI)バージョン、
一、さりげなく運命共同体をかもし出すシンクロバージョンなどなど・・・。

いずれにしても、サイロ詰めは1、2、1、2で、ちょっぴりマーチのリズムのように。
とはいえ、さすがに日がな一日狭いサイロの中で、軽快なマーチのリズムは刻めなかったりするわけですが、それでも全てが終わった後は心も軽やか。その上、その軽やかさはなんとも極上。
サイロ詰めのリズムは、半分根気、半分喜びでできている。
秘密兵器登場で少し気持ちに余裕のできた今年は、そんなことを思ったりした。
f0236291_22045.gif


f0236291_2203227.gif


サイロ詰め後の身体は重い。
年々とれにくくなる疲れに身をまかせ、知らぬ間に時間だけが過ぎていくこの頃でした。


AKI's人気ブログランキング(地域情報・東北) ★
↑ 気に入っていただけたら、ポチッと応援お願いします☆
2006年 09月 14日 | |
今朝からサイロ詰め(牛の飼料づくり)をしています。
サイロ詰めの辛いところは刻まれたデントコーンの塊が頭の上からごつごつと降り注ぐこと、そしてそのデントコーンシャワーを浴びながら細かいデントコーンをフォークを使って均一にならすこと。(→昨年度参照)
正直言うと、痣だらけ、そして腰痛、筋肉痛。

でも今年は違うのです。
今まで何度か近所のサイロ詰めをのぞきにいって、秘密兵器の存在を知ったから。
その秘密兵器は、肥料袋を縫いつなげただけの長い長いよれよれの筒。
でもこれをデントコーンのカッターに取り付けると、あら不思議、筒をちょちょいと操るだけでデントコーンを均一に撒き散らすことができるのだ。もちろん痣もできないし。
いやぁこれが素晴らしい。使ってみないとその素晴らしさが伝わりにくいのが非常に残念。でも本当に素晴らしい。
おかげで今年のサイロ詰めは楽しい・・・と、そう思い込んで残り半分、ガンバリマス。
f0236291_21574969.gif




AKI's人気ブログランキング(地域情報・東北) ★
↑ 気に入っていただけたら、ポチッと応援お願いします☆
ページトップ
The Original Skin by Sun&Moon