北国岩手の山の中、釜津田暮らしも15年目。農家の嫁の毎日を絵日記風にお届け中。by AKI(kamatsuta2)
<   2007年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧
| |
|
2007年 09月 22日 | |
サイロ詰め最終日の今日。
「あとどれくらいー?」
「あとジョーズ一台分!」

昨日散々言われていたジョーズ。
この一言で、評価が180度大回転。
「最後」がつけばなんでも感慨深い。こんなにジョーズが待ち遠しいなんて。
人の気持ちって移ろいやすいものなのです。
秋の空とか泣いたカラスに例えられるように。
そして明けない夜がないように、終らないサイロ詰めはないのだ!
あぁ、これを教訓と心にしっかと刻み込み、もっと心を広く、ジョーズにもやさしく、忍び寄る影に臆することなく明日から元気に生きていこう。
f0236291_2265813.gif


ということで、祝・サイロ詰め、終了!
サイロ詰めがまだこれからという畜産農家の皆様、お先デス~♪

AKI's人気ブログランキング(地域情報・東北) ★
↑ 気に入っていただけたら、ポチッと応援お願いします☆
2007年 09月 21日 | |
今日も日中30度近くの釜津田です。
この時期にこの気温はびっくり仰天な釜津田でもあります。
そんな中の今年のサイロ詰め。だいたい目処はたったけど、明日が正念場、といったところ。

さて、そのサイロ詰め。
普通に作業をしても、サイロ詰めの量が少ない我が家でさえ、数人がかりで3,4日。これをだらだらやっていてはいったいいつ終るやら、なのです。
どこの仕事場、作業場でもそうかもしれないけれど、だからサイロ詰めも効率が大事。
刈り方さん、切り方さん、踏み方さんがそれぞれてきぱき流れ作業をとめることなく。

・・・ と、いうことはわかっているけど、たまにちょっと小休憩したくなる。
例えばちょっと水を飲むとか、空を見上げるとか、下界(地上サイロは上に行くと3メートルくらいの高さになる)を見下ろすとか。
だけど、そんな時、決まってやってくる影がある。
ただの影のくせにさ、静かにそっとそして威圧的に近寄ってくるのだ。
その威圧感は影が目に入るたびにジョーズのテーマが聞こえるくらい。
まだまだいい子ぶってる嫁なので、影の実態には直接何も言いませんが、怖いよー、お義父さま、もといジョーズゥ~!

f0236291_2245120.gif

f0236291_2251812.gif


二枚目の絵の私がおまんじゅうみたいになるくらい、今思い出してもジョーズは怖い。



AKI's人気ブログランキング(地域情報・東北) ★
↑ 気に入っていただけたら、ポチッと応援お願いします☆
2007年 09月 19日 | |
今日からやっとサイロ詰めです。
今年は例年よりちょっと遅め。早く終らせてすっきりしたかったので、やっと、といった感じ。

サイロ詰めは、牛の飼料作り。デントコーンを細かく刻んでサイロに詰めておくのです。
って、書くと一行ですんでしまうのですが、牛11頭分の冬(約半年)の餌なので、結構な量がある。
近所の人に手伝ってもらって数人でとりかかっても3日~4日ぐらい。
デントコーンを刈る係、刻む係、サイロの中で踏みつける係があるけど、私はたいてい踏む係。
踏む係は一日中、約8時間サイロの中ですごすことになる。こうなるともう我が家だ。

だけどその期間限定数日間の我が家は風通しがほとんどなくて、ひたすら暑い。喉の渇きが一番つらい。
だから今年はペットボトルのスポーツドリンクを持参してみることにした。
適当なところに置いておくとあっという間に刻んだデントコーンに埋もれてしまうし、ポケットにいれておくわけにもいかないので、天井からぶらさげて。

これが結構よかったです。今時ど根性の部活動だって練習中の給水があたりまえの時代(私が部活に燃えていた青春時代は練習中水を飲んではいけなかった。時代は変わるのだ~)。
サイロ詰めだって給水が最先端のはず。何よりも、「我が家」は快適にあらねばならぬ。
どうせなら、今は変哲もしゃれっ気もないサイロも進化して、いつか車みたいにドリンクホルダー搭載とかになったら素敵ないものか。

インスパイア・ザ・ネクスト~自画自賛、大絶賛提案中!とか思ながら、つまり長時間作業で集中力を欠きながら、今年もサイロ詰めの秋を過ごしています。

f0236291_2223922.gif



AKI's人気ブログランキング(地域情報・東北) ★
↑ 気に入っていただけたら、ポチッと応援お願いします☆
ページトップ
The Original Skin by Sun&Moon