北国岩手の山の中、釜津田暮らしも15年目。農家の嫁の毎日を絵日記風にお届け中。by AKI(kamatsuta2)
<   2010年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧
| |
|
2010年 10月 31日 | |
ご無沙汰しています。AKI@釜津田です。
昨日、無事に原画展@石神の丘美術館が開幕しました。
とてもたくさんの方、特にもこのブログを見て来てくださった方がとてもたくさんで、感激してしまいました。
本当に、本当にありがとうございました。

原画展にあわせて実家の母が来釜中。
少しお相手をして、落ち着いたらまたあらためてきちんとお礼を。
とりいそぎ、昨日来てくださった皆さんへお礼のお便りfrom釜津田♡
2010年 10月 25日 | |

昨日は稲こき。
と、いうわけで・・・

f0236291_1733425.gif



何年かぶりに、”新米食ったぞ”描いてみました。
今年もとっても幸せでした。

▼ 新米は、香りとつやが最初の楽しみ。(小窓より再掲)
f0236291_1782517.jpg

▼ 稲こきメンバー。今年もお陰さまでした。
f0236291_1785578.jpg

▼ ちなみに藁は牛舎の二階へ。牛の敷き草になったり、餌になったり。
f0236291_179185.jpg

▼ ついでに脱穀機の中身。これでちゃんと稲こきできるんだから、密かにすごい。
f0236291_1794372.jpg

2010年 10月 24日 | |
タイトルは今日だけど、昨日の話。
昨日は婆ちゃんと町へ。婆ちゃんの用事のおともがてら買い出し等々です。
その道すがら、山の峠の手前のあたり。
カーブをひとつ曲がったら、ぱ~っと世界が明るくなった。
金色、黄色、橙、赤。
朝日に透けて重なって、みんなキラキラ、紅葉街道。

今年の紅葉はあまりきれいじゃないなぁ、と言っていました。
夏があまりに暑かったせいか、その後もしばらく暖かかったせいか。
紅葉を見る間もなく、葉っぱが木から落ちていく感じ。
だけど、行くところに行けば、紅葉の中に行ってみれば、今年もかわらず綺麗だった。
あまりに綺麗でびっくり。期待していなかったから余計。

というわけで、遅ればせながら、今年の紅葉だよりでした。

f0236291_6231819.gif



ちなみに、この道を、ライダーさんたちは”天国ロード(あれ?道路?)”と呼ぶらしいです。
先日の通りすがりのライダーさんに聞きました。
すぐ下が崖だから・・・ではなくて、四季折々の見晴らしがとってもいいから、だと思います。
2010年 10月 23日 | |


僭越ながら、今回、原画展というものをさせていただくことになりました。
場所は、釜津田から山をふたつかみっつかよっつ超えた岩手町にある石神の丘美術館
会期は来週末、10月30日から一か月(11月28日まで)です。お、長い!
内容は、『こち北』&『事件簿2』の原画が中心で、そのほか、これまでHP等で描いてきた釜津田語講座、食卓の写真などになっています。あと、いろいろな方のおはからいで、長く描かせていただいている岩手県広報誌『いわてグラフ』なども置かせていただきます。

最初に美術館の方とお話ししたのはかなり前のこと。
それからのんびりペースでご相談をしながら、こういうことになりました。
展示用の原画をみると、あらためて・・・いや、多くの方がご察しのように、なんと誤字や描き損じの多いこと。自分でもびっくり。
普段はスキャナで取り込んだ後、気づく限りの誤字を直したり、イラストの位置調整などをしているので、原画の乱れ具合はある意味衝撃、笑撃です。
だけど、せっかくの原画展ということで、乱筆乱画のメモ書きもそのままに、楽しんでもらえたらな、と思っています。

とはいえ、美術館の基本は、気楽な絵を通じて、暮らしを感じてほしいとこと。
私もそうあればうれしいです。
お時間のある方はぜひ遊びに来てください。特製ポストカードもありますよ。
10月30日は私も会場にお邪魔します。ギャラリートークとなっていますが、ただの観客のひとりです。

f0236291_8421849.gif



詳しくは、岩手町立石神の丘美術館へ。とっても素敵なところですYO!
2010年 10月 22日 | |

このところ、とんと、どうして忙しかった。
引っ越し、片づけ、法事の準備にその片づけ、息つく間もなく子牛の共進会に子牛下げ。
その合間に人に会ったり、人に会いに出かけたり、秋祭りがあったり(これはかなり前だけど)。
毎日日替わりでいろんなことをやり散らす感じで、てんやわんやとはこういうことをいうのかも、と思うのもつかの間・・・のくらいの余裕のなさ。
だけど、そんなとき、自分に言い聞かせることがあります。
ご飯だけはもりもり食べるぞ。いや、いつもの倍は食べるぞ。だって、「食べての力」だもん。

人によっては「食っての力」ともいうそれは、要は沢山食べてパワー全開、というところ。
こちらにきて、農作業等々の合間に近所の人たちからよく聞きます。
おやつを食べつつ、「ほら、もっと食べて。嫁は食べての力よ~。」
それを心にしっかと受け止め、実行してきて早数年。
だからいつもなんとかやっいられたような気がします。
そうか~、と首をかしげる家族がひとりいるけれど、いずれにしても、それもこれも、「食べての力」の教えのおかげ。それを信じて早数年。

それなのに。
疲れたでしょ?とかけられた声に、「食べての力」をふまえての工夫の末の私の茶碗の話をしたら、みんな、ひどく驚いた。
ちょっと引いていたかもしれない。
「食べての力」と裏腹に普段のみんなは意外と小食。
そしてどうやら「食べての力」にはメリハリという重大な要素が隠れていたようでした。

f0236291_1092885.gif



▼ 元気の源。今年の新米まではあと少し。
f0236291_10113366.jpg

▼ そして名誉賞牛。立ち去る姿もさわやかです。
f0236291_10115940.jpg


★ ちょぎっとお知らせ ★
今度、原画展をすることになりました。
10月30日~11月28日まで。岩手町の石神の丘美術館です。
詳しくは、右のお知らせをご覧ください。
もっと詳しくは、またあらためて。とりいそぎ。
2010年 10月 15日 | |

今日も三度リフォームの話。だってほら、めったにあることでもないもので。
リフォームをはじめたのは約1か月前。バタバタとリフォームを決断し、あっという間にリフォーム工事。えーとほら、思いつき、ではなく思い切り、ということで。
そしてそれからはリフォーム現場通いの毎日。
何か作業をするわけではもちろんなくて、大工さんたちに「おやつの時間ですよ~」と声をかけに行く係として。
一日2回、10時と3時。
おかげでとっても規則正しい毎日でした。
そしてまた、とっても魅惑的な日々でした。

だって、リフォーム現場はすごいがいっぱい。
どんどん変わる内装ももちろん見応えがあったけれど、一番は大工さんのいろんな作業の様子かも。
細かい細工や、ちょっとしたアイデア(古い家なので、なかなか最初の設計通りにいかず、臨機応変的作業)、そして密かに夢中になったのが、その素晴らしきメジャーさばき。
大工さんといえば釘と金槌と思っていたけれど(あ、あと、絶対に落ちない耳にかけた鉛筆も)、
大工さんとメジャーもなかなかいい相棒関係みたいです。

f0236291_2250588.gif



簡単そうでいて、こんなにうまく操ることは、そうそうできないことも人知れず実感。
そうかなぁ、と思う方は、どうぞこっそりお試しを。
以上、かなり私的マル得情報 from リフォーム現場でした。


▼ 明日は法事(じいちゃんの一周忌)。で、今日はせっせと煮しめづくり。
f0236291_22513882.jpg

「あるハタ」(@アイリス家庭菜園ドットコム)も更新です。vol.29は素敵な・・・素敵すぎる青空勉強会のお話です。

2010年 10月 14日 | |

唐突ですが、こちらに来てからの憧れのひとつに、牛まぶり小屋があります。
牛まぶり小屋は牛の放牧地にある、牛まぶりさんが寝泊りする小屋。
ちなみに「牛まぶり」は牛の看守さんのこと。

その牛まぶり小屋の素敵なところは、牛しかいない広い放牧地の中にぽつんとあること。そして、その小屋の窓からそんな風景や牛たちが見晴らせること。
以前小屋に入ったとき、窓からちょっと外をのぞくと、牛がひょこっとこちらに顔を向けました。
「ンモ~」と声をあげながら、気持ちよさそうに遠くを眺める牛もいたりして、まぁ、マニアックだけどなかなかこれがよいのです。
いずれにしても、そんな牛まぶり小屋はずっと憧れ。そして牛たちが見える窓も密かに憧れ。

そんなこんなをふまえたわけではないけれど、
先日引っ越した新しい部屋には、角に大きな出窓をつけてもらいました。
日当たりの悪い部屋なので、精一杯の明かりとり。
だけど窓をつけてもらったら、そこはちょうど牛舎の裏口が見える場所。
家の中からじっくり、はっきり、そして思いのほか間近に、牛たちの様子が見える場所。なんだか牛まぶり小屋みたい!
それに、牛が騒いだらすぐ様子をうかがえるし、牛の出産もここで様子を見ながら待てるねぇ。やる気メラメラ。

というわけで、とっても気に入っている新しい出窓。でも、見える角度的には結構微妙。

f0236291_14181799.gif



▼ 牛まぶり窓。
f0236291_14191624.jpg

2010年 10月 13日 | |

長らくご無沙汰していました。
先日お話したとおり、引っ越し作業をしていて、すっかり日がたってしまいました。
引っ越しといっても部屋を移動するだけだったのですが、それでも一応引っ越しということで。

さて、その新しい部屋。
場所的には道路から見て家の裏側。
今までの部屋は通りに面していたから、家の中からでも、毎日、人や車や牛たちの往来が見れたりにぎやかだったので(牛の往来は、山上げや市場のときとか限定だけど。車はバスとかかもしか号とか)、新しい部屋はちょっとさみしい感じ。
だけどちょっと面白いこともある。

表通りの反対側を向いた部屋の窓。
そこは、小さな路地の真正面。
猫しか通らないその路地では、毎日、猫たちがどこかへ向かって駆けていきます。
いつもミャ~と、すりよってくる猫たちの、多分、それが「素」の姿かも。

新しい部屋の場所を誰かに教えるときがきたら、こう言おうと思っています。
「新しい部屋は、路地近(ろじちか)です。ただし猫の」
響きもいいし、なんだかとってもわくわくする。

f0236291_6171558.gif


2010年 10月 10日 | |

今月は、はりきって毎日更新しようと思っていたのに、気が付いたらもう10日。
自分の目標にはとことん甘い、悲しい性。

実は今、引っ越しまっただ中になっています。
自宅内引っ越しなのですが(牛舎に近い母屋の方へ部屋の引っ越しです)、あわせて家を少し直したりしてちょっと大ごと。
いや、大ごとの原因は、この10年、荷物をとじこめたまま見て見ぬふりをしてきた開かずの押し入れを開けなくてはならなくなったことかもしれません。開かずの押入れの恐ろしさを身に染みて感じるこの頃です。

週明けにはなんとかいろいろ落ち着かせ、また日記も描きたいな、と思っています。
簡単ながら、近況報告・・・第一弾。
つづく。
2010年 10月 02日 | |

一日遅れになりましたが、10月になったので、
先月の「釜津田の小窓 9月分」もまとめました。
暑さの残る月初めから、サイロ詰め、稲刈りまで・・・いろいろあった9月でした。

9月の小窓一覧は、左の写真からどうぞです。
いつも通り一覧内の写真もクリックすると、
それぞれ大きくなりますよ。


あわせて、10月になったので、ページトップのタイトル写真を10月バージョンにいたしました。
今月は、秋晴れ空とクリの実。
最近の釜津田の風の便りによりますと、今年はクリの実が豊作だとか。
たしかに、とっても大きい実が、たわわ、どっさり実っています。


★ ちなみに明日は釜津田秋まつり@釜津田中学校。お近くをお通りの方はぜひお立ち寄りくださいませ♡
ページトップ
The Original Skin by Sun&Moon