北国岩手の山の中、釜津田暮らしも15年目。農家の嫁の毎日を絵日記風にお届け中。by AKI(kamatsuta2)
<   2010年 11月 ( 16 )   > この月の画像一覧
| |
|
2010年 11月 30日 | |

そろそろ12月になるので、11月分の「釜津田の小窓」をまとめていたら、その前の月、10月分のまとめを更新していなかったことに気づきました。イタタタタ。
というわけで、12月になる前にあわてて10月の小窓のまとめです。
もはや季節外れの紅葉やら稲こきやら・・・。
でもまぁ、それはそれでいいことに。


上の写真からどうぞです。
いつも通り一覧内の写真もクリックすると、それぞれ大きくなりますよ。


by kamatsuta2 | 2010-11-30 11:04 | お知らせ |
2010年 11月 27日 | |

TVの情報番組できらきら素敵な紅葉の便りが届く季節になりました。
その傍らでひそかにがっかり。
なぜならこちらの紅葉はとっくのとうに終わっているから。
時代を先取りしすぎると、人はかえって取り残された気持ちになるようです。(そうか?)

そんなご時世、こちらでは、フローズンガーデンが見ごろです。
朝早く、霜が一面におりた庭をフローズンガーデンというのだと、最近知ったので、ちょっと使ってみた次第。
そして、ちょっと使ってみたついでに、そんな霜ふる庭の写真をちょっとまとめてみました。
庭・・・といいつつ畑だけど、それはまぁいいとして。久しぶりのパタパタ写真です。
画像がいつもより重いので、ISDN友の会のみなさん、見にくかったらごめんなさい。
では、どうぞ。

『 フローズンガーデンへようこそ 』
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
f0236291_13311279.gif


2010年 11月 26日 | |

たとえば、この季節、朝顔を洗おうと思って水道の水に手を差し伸べたらそれが思っていたより冷たくて、「ひゃっ」となることがある。
たとえば、もう少し季節が過ぎると、朝歯磨きをしようと歯ブラシを口に入れると、それが冷たく凍っていて、「ひゃっけっ!(冷たい)」となることもある。
たとえば、ビネ君は、これからの季節、ちょっと外を駆け回ろうと玄関を飛び出したとたん、地面がキンキンに凍っていて、「ひぇ~~~」という顔であわてて出戻ってくることがある。
・・・と同じようなことが牛たちにも起こる。

牛たちは結構水を飲む。
牛舎にはウォーターカップがあって、牛たちはいつでも水を好きなだけ飲めるけど、時々その水が思ったよりも冷たくて、どうやらびっくりしているらしい。
「ひゃっ、ぶるぶる」とあわてて口を水から出したり、ゲホゲホとむせたりするらしい。
みんな、そう言う。可笑しいのよ~と、みんな笑って教えてくれる。

だけどあくまでみんなの話。残念ながら「らしい」の話。
牛の世話歴もそろそろ「ひとむかし」を過ぎた頃。
なのにいまだに牛たちの「ひゃっ!」を見たことがない。神様、なぜ?!

f0236291_11351097.gif



▼ なつひめちゃん。遅生まれなので、4月までお母さんと一緒にいる予定。
f0236291_1136677.jpg

2010年 11月 25日 | |

それはもう半年も前、5月のはじめのころでした。
東京からやってきたディレクターさんにカメラマンさん、照明さんに音響さん。
短角牛とその育て方の撮影にやってきて、あっちを撮ったり、こっちを撮ったり、あの人のところにも何時に行かなくちゃ・・・と大忙し。
現場を見ながら臨機応変にカメラを回し、てきぱきと撮影していく様子はただただ圧巻。ちょっと圧倒。
でも面白かったなぁ、撮影風景。
それがまたどう編集されるのかもドキドキ、わくわく。

今週土曜日(11月27日)、テレビ朝日の「食彩の王国」に短角牛が登場します。
春の牛の山上げの様子や、こちらでもすごく貴重な曲り屋での牛との暮らしなどをどどんと紹介してくださるそう。
我が家もちょこっとお手伝いしました。短角牛&釜津田ぐらしに興味のある方、ぜひご覧ください♡

f0236291_10574728.gif



「食彩の王国」番組HP (岩手では2年遅れでBS放送みたいです)

今日はちょぎっとコマーサルでした。

・・・そしてコマーサルついでにもうひとつお伝えごと。
原画展@石神の丘美術館に、最終日の28日にまたお邪魔したいと思っています。
お昼頃から夕方までの予定です。
by kamatsuta2 | 2010-11-25 11:08 | お知らせ |
2010年 11月 23日 | |

先日はやっと車のタイヤ交換。
これからの雪道にそなえ、冬タイヤへの交換です。
思えば、雪を知らずに育った私。
冬タイヤそのものを知らなかった頃が懐かしいくらい、もはやタイヤ交換は季節の恒例イベントに。
だから今年も張り切りました。
はいはいはい、ほいほいほい。そうそう、そこでボルトがいるの。うちのあたりは実はちょっと坂になっているから、タイヤ止めもしなくちゃね。

タイヤ交換歴もそろそろ「ひとむかし」を過ぎた頃。
もっともらしくうろうろするのは相当うまくなりました。

f0236291_022321.gif



▼ 監督はボクだ。(「小窓」より再掲)
f0236291_023929.jpg

2010年 11月 22日 | |

先日は「歳末」 ― 歳末助け合い芸能祭でした。
チョチョンがチョン、あげて―、あげてー、ひらいて、ひらいて、の練習を積み重ねること3週間。
そのご披露も終わり、一安心。

これまでも毎年開催されていたし、何度か参加もしたことがある「歳末」。
けれど思えばこれまでほとんど中身を見ることがありませんでした。
出番があったり、なんだりかんだり、落ち着く暇がなかったのです。
けれど今年は出番が早く、その後はのんびり舞台鑑賞。
そうしたら、なかなか楽しかったです、歳末。そしてすごかったです芸人たち。
何が凄いかといえば、舞台上だけにとどまらぬその芸人の数と芸の幅かも。

今だ静かに目を閉じると、その沢山の愉快な芸人たちが走馬灯のように駆け巡ります。
嫁の静かな日常は思い出し笑いがあふれています。

f0236291_1044433.gif


f0236291_1051292.gif


f0236291_1054871.gif


f0236291_1061777.gif



▼ ちなみに舞台はこんな感じ。会場は近隣三地区でもちまわり。
f0236291_10303022.jpg

2010年 11月 16日 | |

最近、いろいろな仕掛けが次々に連動する摩訶可笑しな装置とともに流れる、ちょっと可愛くて軽快なとあるセリフというか歌というかが頭のなかをぐるぐるぐるぐる回っています。
それは「♪ ピタ、ゴラ、スイッチ ♡」

なぜならば、これ↓がその仕掛けの一部に使えないかなぁ、と思いはじめてしまったから。
うまく使えた暁には、ウシゴラスイッチと呼びたいなぁ~とも思っています。

f0236291_1285649.gif



さて、どんなスイッチにしようかと、夢はふくらむ牛の世話。

▼ 牛の毛櫛。他にも形がいろいろあります。
毛並みを整えるだけでなく、血行を良くしたり・・・が本来の目的。
f0236291_12104471.jpg

2010年 11月 14日 | |

TAAはいつもボソボソとしゃべる。油断すると、半分以上、聞き取れない。
私はたいていあっちこっちいろんなことを考えていて、うっかり話を聞き間違えることが多々。あるいは、適当に返事すること多少。
年々、その度合いがお互い増してきたような気がする。
とうとう、先日、カサカサネズミで違和感を感じなくなった自分にはっと気づいて驚愕し、少しだけ反省した。

f0236291_983578.gif



というわけで、うっしーちゃん、新鮮な空気をありがとう。研修、お疲れさまでした。 (家族一同)
2010年 11月 11日 | |

私の記録が正しければ、初出荷は7月3日。そして最後の出荷は9月11日。
約二か月間で190箱。
まだもう少し穫れたけど、サイロ詰めや稲刈り等ほかの作業が立て込んで結局最後は放置状態。
まわりの人の話では、まだあとひとつき、プラス100箱はいけたんじゃない?とのことだけど、私的にはひとまず満足。
今年のオクラのプチ回顧。
けれどオクラの仕事はもうひと作業残っていました。
それはハウスのお片付け。
きれいに片づけて土を休ませ、来年にきちんと備えておいてこそ。

というわけで、昨日は半日かけてオクラハウスのお片付け。
抜いて、たたんで、ビニールを巻き巻き、たつ鳥後を濁さずに、そしてパンパン!
荷物をきちんと片づけるまでが遠足、と一緒。

f0236291_1042475.gif


f0236291_1045534.gif



▼ 幽霊ハウスのようでした。片づけ前。
f0236291_1061738.jpg
▼ 片づけ後。ハウスも気分もあぁ、すっきり。
f0236291_1064381.jpg

気合を入れて描こうと思っていたオクラ日記
結局途中でうやむやに。
もっときちんとたくさん描くべく、来年もオクラをやりたいなぁ、と思っています。今のところ。
2010年 11月 09日 | |

牛たちも帰ってきて、昨日は毎年恒例秋じまい。
今年もかわらず、やんややんや。
そして話題は牛とうっしー。

f0236291_22435821.gif


ページトップ
The Original Skin by Sun&Moon