北国岩手の山の中、釜津田暮らしも15年目。農家の嫁の毎日を絵日記風にお届け中。by AKI(kamatsuta2)
<   2011年 09月 ( 15 )   > この月の画像一覧
| |
|
2011年 09月 29日 | |
f0236291_17113161.jpg



本日午後、今年の稲刈りが無事終わりました。
そして、夜からちょいと町へ。
久しぶりの買い出しとあわせ、サイロ詰めと稲刈り、そしてオクラシーズン終了の打ち上げです。
(オクラの出荷は、実はこのところも続けていて、だけど昨日で準備していた出荷箱がすべて無くなり、これにて今季も終了と相成った次第です。)

サイロ詰め、稲刈り、そしてオクラのまとめの詳しいお話はまた後日。のんびりと。
といいつつ、今度の週末には釜津田秋祭り。今年も串もちを出店予定。

何かと気忙しい秋真っ盛りの釜津田より、まずは今日もご報告まで。

▼ カエルの足跡@田んぼ。
f0236291_1721029.jpg

2011年 09月 25日 | |
f0236291_21284915.jpg



この週末にとりくんでいたサイロ詰め(デントコーンの刈り取りとそれを牛の餌用にサイロに詰める作業)、本日無事終了しました。
稲刈りと並ぶ秋の二大・大仕事のひとつなので、まずひとつが片付いてどっと安心。
しかも、当初は数日かけての予定だったのが、三日ちょうどで終わって感動。
そしてその感動は、先日までのやきもきはどこへな好天と、少々の勢い、そして何より強力助っ人のおかげです。

Aさん、Cこさん、T子さん、Nちゃん、そしてTAA’s 弟・Y君ファミリーありがとうございました。
写真はY君ファミリー、りーちゃん。Y君から農家のDNAを継ぐたのもしき小学3年生。将来有望。

ひとまず、そんな素敵な助っ人さんたちへのお礼とあわせてご報告まで。
明日はモチ米刈るのデス。
2011年 09月 22日 | |
先日にひきつづき、オクラの話。
まだほそぼそと採れてはいるけど、そろそろオクラの収穫、出荷も終わりそうな気配なので、かけこみオクラ話というやつです。

オクラづくり二年目の今年。私はひとつの目標をたてました。
それは、シンプル・イズ・ベスト、昨年よりひと箱でも多く出荷する!でした。
具体的には、昨年190箱だったので今年は200箱(+アルファは欲)。それがひたすら今年の目標。
そしてその目標は、多少くじけそうになったとき、くじけなくても面倒臭さが芽生えはじめたとき、わたしをそっと支えつづけてくれました。それは、この夏の素敵な友達のひとりといっても過言ではない、そんな存在だったかもしれません。

いずれにしても今年の目標200箱。そして去る9月7日、その目標は実は無事達成となりました。
4月の種まきから約5か月。夢にまでみたその時を、私は万感の喜びをこめ、くす玉で祝いました。
私以外の人にはわからなかったみたいだけど、いいのです。
うれしきくす玉。遅ればせながらのご報告。

f0236291_22423351.gif



▼ あらためまして、うれしきくす玉 on オクラノート。
f0236291_22454930.jpg
▼ ちなみに表紙はオクラ付き。(雑誌の切り抜き)
f0236291_22431840.jpg
▼ 裏はオクラのお花付き。
f0236291_2245537.jpg
▼ でも中は結構真面目。左に出荷記録、右に作業記録。一人眺めて自己満足。
f0236291_22483273.jpg

2011年 09月 20日 | |
昨日の日記にちらりと出てきたオクラ・マイ・ラブ。
もうほそぼそとな量しか採れていませんが、そのほそぼそとをかき集め、先日実家へ送りました。
送るなら、一番おいしい最盛期に送ればいいものを、今更という感じ。
で、その今更感を濁すため、手紙を長々いれました。本文少々、イラスト大盛り。
その大盛りのイラストは、オクラ料理イロイロです。
せっかくなので、ここにも載せておくことにしました。
私の好みをめいいっぱい押しつけています。でもこれも、オクラ・マイ・ラブのひとつとして。

f0236291_13381752.gif


f0236291_13385983.gif



上のスープのレシピは、あらためてみるとやっぱりちょっと怪しいです。
今度かもしか号がやってきたら、また本を探して、確認したいとおもいます。
そのあたりも含め、適当な塩梅でご覧いただけますように。
ちなみに、「おまけ」と「おまけのおまけ」は、原文のまま掲載により。
そして字が小さくてごめんなさい。目薬付きでお載せできれば一番ですが、それができずに残念です。
2011年 09月 19日 | |
このところ、晴れない日々が続いています。
一日、二日、暑いくらいの日もあったけれど、数えてみればもう一週間も曇りや雨の毎日です。
こんな毎日は、気分転換にどこかへ出かけようかとも思うけど、本来ならサイロ詰めのはじまる時期で、晴れればその準備もしたくなるしと、結局中途半端に家籠り。かといって、することもなし。
晴れない日々に、気持ちもだんだん晴れなくなって、うだうだ、だらだら。
あぁ、もう、どうしたの?このどんより毎日。眉間にしわ寄せ、いらいら、もやもや。

・・・と、そんなことばっかり思っていたこの頃。いや、それしか考えていなかった24時間オール”負”のこの頃。
だけど、ふと思い出しました。神様のこと。
こんなに毎日雨なんて、神様、失恋でもしたのだろうか。
もしそうならば、それは一緒に悲しみたい。
でも、なぜでしょう。そんな神様を思い浮かべたら、急に楽しくなってきてしまった。
神様、ごめんなさい。こんな私をお許しを。

f0236291_10485650.gif



▼ 毎日こんな。
f0236291_1050471.jpg
▼ 今日もこんな。
f0236291_10512445.jpg
▼ でも、一瞬晴れると、その時はきれい。
f0236291_10515759.jpg
↑ 以上、<うつうつフォトギャラリー in 晴れない日々>でした。
2011年 09月 16日 | |
先日の夜、短角牛の勉強会がありました。
餌の種類や与え方などを中心に、丈夫でいい牛を育てるための勉強会です。
講師は、はるばる九州から、牛の世界ではカリスマ獣医師ともよばれるM本先生
そして、京都からはるばる、牛肉とそして短角牛を愛してやまない焼肉料理屋南山のK本社長。

ここ、釜津田で生まれた短角牛。
むかしながらの育て方を続けることに誇りをもってはいるけれど、牛の健康やおいしい”牛肉”にするためにはできることはきちんとやらなくちゃいけません。
M本先生からは、そんな部分をあらためて考えさせてもらえるお話を。
そしてK本社長さんからは、いかに自分が短角牛が好きか、を熱烈に。なんだかとってもうれしくて、なかなか厳しいこのごろの畜産業界だけど、背中をバン!と押されてたみたいで、ものすごく誇らしい気持ちになりました。
こんなに誰かに好きになってもらえるなんて、なかなかない幸せなこと。
短角牛は幸せな牛だなぁ、とてもうれしい夜でした。私も牛になりたいくらいになりました。

f0236291_20175419.gif


f0236291_20182993.gif



ちなみに、K本社長の前にある青い月のようなものは、先日滋賀で行われた”牛肉サミット”のトロフィー。南山さんの短角牛肉の串焼きが、堂々2位になったのです♡
サミットの報告と今回の勉強会の様子はこちら↓
  今日の田舎・・・岩泉産業開発のブログ。
           短角牛だけでなく、岩泉のいろいろが素敵に紹介されています。
           私的秀逸ブログ)
           → 勉強会の様子
           → サミットの報告

▼ というわけで、短角牛の串焼き。産業開発さんの新商品。うまいっ!(@郷土芸能祭
f0236291_20284070.jpg


今日はなんだかリンクがいっぱい。たまにはよし、ということで。
2011年 09月 14日 | |
今月はとってもいい調子でブログの更新ができていて、密かにひとり満足していましたが、満足がいきすぎてのんびりモードに若干入っているところです。
そろそろサイロ詰めや稲刈りの予定も気になり出すこの頃。
今のうちにいっぱいダラダラして、鋭気を養うのだ!・・・というのは少々の悪い癖。

そんな私は最近、唐突ですがカエルがちょっとブームです。
田んぼに水が入ったころからそこらじゅうにいるカエルです。
水泳があまり得意でない私。田んぼをすいすいと泳ぐ姿は憧れのひとつ。
さらに、他を気にしないガーコ、ガーコという歌声の堂々さも憧れのひとつ。
そしてまた、そのつややかなもち肌はなによりも憧れです。あぁ、うっとり。
でもカエルブームのきっかけは、その手。あれ?足?
どちらにしても、先日ふと思い立って、もち肌カエルの向こう側にくるりと回って見てみたのです。
そうしたら、手だか足だかわからないけど、その指先はキュッと葉っぱをにぎりしめていていたのです。

なんだか時々妙に人臭いところがあるんだよなぁ、もともとカエルに対して思っていました。
でもこのキュッでその思いは確実に。
絶対、ヒトの言葉、わかってるな。きっと夜にはみんなで集まって、ヒトについて語り合ってる。
何か悩みができたときには、こっそり相談してみよう。静かにただただ聞いてくれ、心を癒してくれそうです。

f0236291_930525.jpg

哲学なカエル。もち肌にも注目。


▼ くるっと回るとこんな風。哲学な指先。
f0236291_9402360.jpg


以上、今日は写真日記にて。
2011年 09月 10日 | |
楽しいお客さまのお話や、キノコの話、岩泉のお知らせなどですっかりご報告が遅れましたが、先日、はじめてバリウムというものを飲みました。町の主催の健康診断があったのです。年に一度、地域を巡回くれるもの。
バリウムと言えば、いかにまずいか、苦しいか、これまでそんな話ばかり聞いてきた私です。
自ずと恐怖心が高まって、自分で申し込んだにもかかわらず、できればさぼりたい、密かにうじうじ思っいました。
でも、自分で申し込んだからには、受けなくては恰好がつきません。恰好は大事です。
ハラハラ、ドキドキ、相当に憂鬱。
けれど、ちゃんと飲めました。まずかったけど飲めました。

健康診断は年に一度。地区のみんなが揃ってうけます。
だから会場は大賑わい。待っている間はあちこちでおしゃべりの花。
その花は、量、内容とも、気を紛らわし憂鬱をふきとばすには十分です。
待合室ではにぎやかに、全く予定はないけれどいつか私がお医者さんになる日が来たら、そんな張り紙をしたいなぁ、と思いました。

f0236291_11513514.gif


f0236291_1152587.gif


2011年 09月 08日 | |
f0236291_2045195.jpg毎月、月の半ばは「いわいずみ歳時記」in岩泉町HP。月の半ばにはまだ少し早いけれど、9月の歳時記が更新されました。お、早い!

今月は、なんといってもキノコの秋。キノコの秋と言えばやっぱりマツタケ!ということで、岩泉が誇る特産品のひとつ、マツタケのお話です。
名産地だからこそ、謎多き、秘密多き、マツタケ。そんな謎と秘密のいろはの「い」。
他、岩泉町民のこころの唄、南部牛追唄についても少々です。


というわけで今月も、下のリンクからぜひ、ぜひに!

岩泉町HP
岩泉町HP(観光)【歳時記カレンダー】 2011年9月
by kamatsuta2 | 2011-09-08 20:14 | お知らせ |
2011年 09月 07日 | |
昨日の小窓と重複御免。

でました、ナラタケ。
f0236291_9492194.jpg


作りました、初キノコ汁。
f0236291_9495920.jpg



ナラタケはその食感からこちらでは”ボリ”といいます。
ボリはみんなの大好物です。
とってもいい出汁が出るので、キノコ汁がとってもいいです。
見えてないけど、お椀のなかには畑で大きくなりはじめた大根入り。ゴツンゴツンと大きめのいちょう切りにして、その歯ごたえとともに味わうのがまたいいのです。

ということで、いらっしゃいませ、キノコの季節。
いらっしゃいませ、食欲の秋。
いらっしゃいませの繰り返しと写真の大きさに、その歓迎の意をこめてみました。
ページトップ
The Original Skin by Sun&Moon