北国岩手の山の中、釜津田暮らしも15年目。農家の嫁の毎日を絵日記風にお届け中。by AKI(kamatsuta2)
<   2013年 05月 ( 22 )   > この月の画像一覧
| |
|
2013年 05月 30日 | |
季節と農作業が駆け足で一気にすすむこの頃の釜津田。
わが家ももれずにその勢いで、昨日、一昨日でデントコーン播きも無事に終えてしまいました。
デントコーンは牛たちの餌用トウモロコシ。あの(あの?)うんと背が高くなり、夏の釜津田の色ともいえる緑の畑を演出するトウモロコシです。

さて、そのデントコーン播き。今年はTAAさんと二人でこつこつ播きました。近所で大型のデントコーン播き機(トラクターにつけて、あっという間で播いてしまう、凄いもの)を貸してくれるという素敵な話もあったのですが、なぜでしょう、結局手播きをすることに。そして、まぁ、のんびりやるか、という感じで結局、結果、二人作業。あれー、おかしいな、と思いつつ、頑張りましたな今年でした。

そうしてその今年のデントコーン播き。ひとり地味に作業をしていると、急にコツがわかりました。もう10年近くやっている作業なのに、今年急に、あ!とひらめいてしまったのです。
それは種を播く左手の動き。
種を播くように掘った穴に種を入れるのではなくて、種を放るための穴をあけ、そこにただ、ぽとんっ!ぽとんっ!と放っていけばいいのです。あぁ、言葉では伝わらないかもしれないけれど、これがまぁ、コロンブスの卵的発見。そしてまた、その左手の、種を放る感じの軽いこと。

・・・で、ひとり(いや、二人)での地味な作業のことなので、そこからひとりあれやこれやと考えました。
そうしてわかりました。
その感じ。ピーナッツを口に放り込む感じとなんだか似てる。
そうしたらだんだんおかしくなってきて、それなら大きくみれば、地球のお口にピーナッツを放り込んでる感じなのかも♡

デントコーン播きは地味な作業。妄想はつねにその動力源。

f0236291_1041732.gif



素敵な「みのるさん」については、またあらためて。

人気ブログランキング(地域情報) ★
↑ 気に入っていただけたら、ポチッと応援お願いします☆
2013年 05月 29日 | |
昨日まで長く続いた田植え日記 by photo。
本当に長々しつこく載せたり書いたりしたのですが、それはひとえにやはり楽しかったから。
みんなでワイワイ、天気もよく、作業もはかどり完璧な一日。
けれど少し心配にもなります。
こちら―大人たちはみんな多分とっても楽しかったけど、あの二人・・・そう、小学生のお二人は果たしてどうだったのかしら、と。
実は二人は運動会あがり。
偶然やってきたじいじとばあばとビネガー(←多分ここが一番大事?)の家で「明日は田植えだぞー」の言葉に、返ってきたのは確か「・・・・・・」だったような。

そんなこんなを踏まえてあらためて田植えの日を振り返り、思うのです。
農家の孫はえらいなぁ。嫁は見習うことが多いです。それもまた今年の一番の思い出のひとつです。

f0236291_5272775.gif




▼ さて釜津田は今度はデントコーン播きの季節。わが家も昨日、今日で頑張り中。(写真は今年の新入り、種まき機「みのる」君)
f0236291_5365144.jpg


人気ブログランキング(地域情報) ★
↑ 気に入っていただけたら、ポチッと応援お願いします☆
2013年 05月 28日 | |
(昨日からのつづきデス☆)

さて、最初のひと植えからエンストを起こし、みんなを心配させたTAAさん&田植え機でしたが、その後はすぐに復調。気を取り直して出発です。
ゴトゴトゴトゴト、カッシャンカッシャンカッシャン。うん、いい感じ。
f0236291_459484.jpg


あっという間に旋回(田んぼが小さいから)。なんにしても、順調、順調。
f0236291_514652.jpg


田植え機の肝。
f0236291_544644.jpg

ここの爪が苗の束から数本ずつの苗をちぎり取り、そのまま田んぼへカッシャン、カッシャンと植えていきます。静止画なのが残念なくらいいい働きっぷり。と同時にその動きはまさに人の手で、機械は人の動きを模したものなんだなぁ、とあらためて思います。

さて、田んぼの傍らでは「TAAさん&田植え機・仕事ぶり評価団」が二名に増員。薪割りから田んぼへ(やっと?)やってきたIさん。
f0236291_5103161.jpg


と、意地悪な嫁の視線を感じたのか、「あ、オレ、ならし方(かた)やるよー」と田んぼにとびこんだIさん。「ならし方」は、トラクターなどが凸凹にした田んぼの底をあらためてならす係。深さが凸凹だと、苗がうまく植えられなかったりして困ります。その予防。とっても大事。そして何より力仕事。Iさんありがとうデスーと、嫁、バンザイ。
f0236291_5165350.jpg


ちなみに上でIさんが持っているのが、先日入手したアルミの代かき。

f0236291_5214277.jpg

あ、キマッテル。

そうして作業は着々と進み・・・
f0236291_5183727.jpg


空にはピューンと飛行機雲。
f0236291_5194348.jpg


と、さし苗隊登場。TAAの弟Y君と義父の親子隊。
f0236291_523124.jpg


さし苗は、田植え機がうまく植えられなかった田んぼの四隅や、途中途中の欠株を補う作業。田んぼのなかをひたすら歩き、適宜苗を植えていきます。田植えといばこうして田んぼに入るイメージだったけど、今ではあくまでも機械の補助的な作業。昔を知っているわけではないですが、楽な時代になったのかな、とあらためて思います。

あ、増員。
f0236291_5302131.jpg


シンクロ!
f0236291_5314660.jpg


と、はしゃぐRちゃん(妹) ↓ 。写真がいまちだけど、実はここで踊っています。小学一年生には田植えの面白みはちょいと難しいのかもしれません?!
f0236291_5343484.jpg


と、と、と。あれ?よく見たらIさん、代掻きが木になってる。
f0236291_5394567.jpg

アルミ製の代かきは軽くていいと思ったのに、そこそこ重みがある木製がIさん的には気に入りだったみたいです。ちなみにIさん、職業は大工さん。田んぼの土を代かきでならしながら言っていました。「セメントを練るより難しいなぁ!」・・・そんなもの?!そして、とことん平らにならないと気が済まないのは職業病とか(笑)。田植えひとつ、代掻きひとつもいろいろな世界とつながっているみたいです。

さて、Iさんの代かき談義に脱線しましたが、Rちゃん(姉)は、黙々と刺し苗作業に没頭するほか、合間合間にはこんなこともしていました。苗箱洗いです。これがなかなかの大仕事&面倒くさい仕事。そして、小学5年生にしてこの瞬間移動的仕事ぶり。ただただ感心。
f0236291_5431374.jpg



ギャラリー増えてる。お客さま第二号はおとなりのおじいさん。
f0236291_5443449.jpg


お隣のおじいさんは、毎年田植え、稲刈りの時には必ずこうしてやってきます。田んぼや稲の様子、機械の調子、もしかしたらわが家の面々より毎年のことを覚えているかも。TAAさんはこの後、田植え機を降りてしばし談笑。一緒にお茶のみ。恒例も楽しい田植えです。
(そしてこの後、さらに近所のTさんも。写真がないけど、ときどき覗きにやって来て、こちらは進捗状況のチェックをマメに(笑))。

田んぼの隅にさし苗用に置いた苗束にはトンボ(見えるかな)。
f0236291_5511370.jpg


青いのも(色がきれいで大好き)。
f0236291_552929.jpg


そしてアカハラ~(イモリ)。
f0236291_5552100.jpg


↑ 今回背中のみですが、ひっくりかえすとお腹が真っ赤。私は大丈夫なのですが、今回の田植えメンバーにも釜津田の中でさえ、「きゃ~やめてー!」と苦手派多数。かわいいのになぁ。こんなアカハラも田植えの恒例メンバーの一員。

そうして田植えも気づけば終わり。
f0236291_55895.jpg



ちゃこさん、みんなをお出迎え。
f0236291_5591255.jpg



みんなでの田植え作業は1時過ぎごろの終了。それからみんなで外で焼肉・・・風味の焼きおにぎりをたらふく食べ、田んぼの水口で冷やしておいたお茶、ビール・・・等々で乾杯しました。
全ての片づけなどを含めると最終的な終わりは夕方5時頃でしたが、みんなのおかげでの夕方5時。
私もこんなに写真もとって、楽しい一日になりました。
収穫の楽しみ以外にも、こういうのが農家の楽しみなのかな、とふと思ったりもした一日。
最近いろいろ思います。しみじみ思ふ年になったのかもしれません。

なんにしても本当に楽しい一日でした。
長々おつきあい、ありがとうございました。今日はこれからデントコーン播き。牛の餌用のトウモロコシ播きです。ガンバリマス!



人気ブログランキング(地域情報) ★
↑ 気に入っていただけたら、ポチッと応援お願いします☆
2013年 05月 27日 | |
最近、田植え、田植えと言っていましたが、昨日がとうとうその本番のわが家でした。
昨日は今年の田植えは、前日からやってきていたTAAの弟Y君家族と当日急きょ参加の親戚のIさんと、総勢9人の、今までにない大人数でのにぎやかな田植えになりました。
にぎやかさが楽しかったのと、大人数で人手に余裕があって、少し写真をとる時間があったので、今年の田植えは写真日記で。
というか、また写真日記?最近このパターンが多いですが、お許しを。

さて田植えの朝は朝からとてもいい天気の中、風もほとんどなく(風があるとせっかく植えた苗が倒れたりしていまう)、「絶好の田植え日より!」とみんなが得意になるような日でした。田植え日よりだったのは、誰のおかげ?という感じで。
f0236291_5421750.jpg


朝一に田んぼ入りは、わが家の田植え機(まだ名前なし)。昨年知り合いから破格でゆずっていただいた、わが家のなかではかなり贅沢な機械のひとつ。ぴかぴかと少し得意気。
でもちゃこはあまり興味がないみたい。朝早くからヒトの往来が多いので、気になりつつもまだ寝ぼけ顔。
f0236291_5505970.jpg


そしてなぜか薪割りに夢中なIさん。今年はGW中の子どもたちといい、薪割りがわが家のまわりのプチ・ブーム?
f0236291_5533927.jpg



さて、ハウスでは、種まきから約ひと月ちょっとを育てて苗を運び出す作業がはじまります。
わが家は土の上にじかに苗箱を置いているので、根が地面まではっていて、それをはがすのが一苦労。
えいや、と苗箱を持ち上げて、そこについた土と余分な値を専用の板でそぎ落とします。
f0236291_5564596.jpg



今年の力強い苗箱運び隊。Rちゃん(姉)。
f0236291_5595391.jpg



姉妹共演(もとい、協働?)。
f0236291_615351.jpg


奥はママ。みんな貴重な仕事と学校の休みなのに、えらいなぁ・・・!(と、ここでわが身は振り返らない)。

一方、田植え機の横にはお客さま第一号(おむかいのT弥さん。後々3号まで登場)。
「さて、その立派な田植え機は今年はどんな働きぶりだか」。しっかり腰をおろしてスタンバイ。本人宅の田植えは明日だそう。
f0236291_654862.jpg


そしてTAAさん、渾身のスタート!
f0236291_69218.jpg


・・・・・・とのはずが、実はエンスト。かっこ悪~と、超焦っているTAAさんの図 ↑ 。
というところで、今日の日記はタイムアップ(今日はこれからさし苗とか、次のデントコーン播きの準備とかなのです)。
ということで、続きはまた後ほど。さぁ、どうなる?!わが家の田植え!?(つづく)


人気ブログランキング(地域情報) ★
↑ 気に入っていただけたら、ポチッと応援お願いします☆
2013年 05月 25日 | |
田んぼの代かきも無事終わり、水もいい感じに張られ、いよいよ田植えの本番を待つばかり!な田植え前の昨日のこと。午後、少し遅めの時間から急きょ街へ行ってきました。
田植え用の代かき(道具)やら食料やらをやはり買に行ってこよう!ということになったのです。
冬の間―この半年―というより、牛がいる間ではなかなかできない思い切り。
冬道をあちこちを迂回しなくてはいけない(つまり時間がすごくかかる)つい先月までではとうてい上がらない腰のこの軽やかさ。あぁ、こんなところでも春を実感。
と、そうして出かけてきた先で、急ぎ足だったけれど用がいろいろすみ、昨夜は帰宅後とっても満足。
もうみんな寝ているので、こちらもそのままバタンキューで寝れるの密かな楽ちんポイントでもあり・・・たまにはね、こういう強行スケジュールもいいかもね、と思いました。

なんにしても、これで心置きなく安心して、準備万端で田植えの週末を過ごせそう。
さて、わが家の田植えの本番はやっと?いよいよ!明日です。
f0236291_10135081.gif



そしてまた、田植えと一言でいうけれど、こういうバタバタした準備期間も含めてが田植えなのかなぁ、とも思うこの頃です。


人気ブログランキング(地域情報) ★
↑ 気に入っていただけたら、ポチッと応援お願いします☆
2013年 05月 24日 | |
わんこそばのおかわりのような勢いで、日ごとどんどん次々といろいろな作業がすすむ釜津田です。
昨日はわが家では田んぼの代かき。田んぼの中の土を平らにならす作業です。
最近はトラクターでならすことも多いような代かき作業。けれどわが家ではなぜか今年も”ど根性”式。一応トラクターでもならした上での”仕上げ”とのことだけど、それをこだわり、というの・・・かな?。

なんにしても、昨日はそんな代かきで、そしてさてそれももうすぐ終わるという夕暮れ時のこと、
TAAさんが、田んぼの中からこちらをうかがい、頭に両手の指を立てました。
そして首を傾け、心配そうにこちらの様子をうかがいます。
実はわが家にまだ一頭牛が残っていています。それはちょうど牛の餌の時間のこと。TAAさんの身振り曰くは「牛、大丈夫?(餌、あげてくれた?)」

TAAさんはときどき同じジェスチャーをします。
頭の上に指をたて、ちょんちょん、と動かして、「牛(の角)!」。
でもそれがなんだか人目が悪いなぁ、と思うのはわが身にやましいところがあるからでしょうか。

f0236291_5352194.gif


「えー、人の角じゃないよー。だってほら、ちゃんと牛の角の形になってるでしょ。ちょっとカーブして♡」(by TAAさん)だそうですよ。


▼ 昨日のTAAさん①肥料ふり。
f0236291_5363114.jpg
▼ ②代かきbyトラクター。
f0236291_537698.jpg
▼ ③そしてど根性。
f0236291_5373874.jpg
▼ お昼はウルイの漬け物(サンショ添え)で。田んぼの季節はウルイの季節。
f0236291_5391291.jpg


田植えは今週末の予定です。


人気ブログランキング(地域情報) ★
↑ 気に入っていただけたら、ポチッと応援お願いします☆
2013年 05月 22日 | |
今日も写真日記です。今日は珍しく朝の放牧地へ行ったので、その写真を、なのです。

今日は朝から放牧地へ行ってきました。
先日から放牧した牛の様子見です。実は一頭、放牧地へ行くとおっぱいが張ってしまう牛がいて、時々様子を見に行くのがこの何年かの恒例なのです。で、今朝はさっそくその一回目。
それはまだなんとなく空気が世界の主役の朝4時半のこと。
f0236291_14483752.jpg


振り返るとちょうど朝陽。わぁ、おっきい。
f0236291_14512490.jpg


ちなみに放牧地はうんと広くて、牛を探すのがまず最初の問題。
最初の画像が放牧地の入り口のあたりなのですが、今朝の牛たちは、そこからそのまま車で約3分、歩いて10分ほどのところにおりました。
爽やかな空気の中でお目当ての牛を探して朝散歩。

と、はるちゃん発見。
f0236291_14573633.jpg


バケツの中には牛たちが大好きなふすまがたっぷり。途中こうして家の牛に与えたり、あとはお目当ての牛を呼び寄せるのにふすまは大活躍。放牧地へ行くときには欠かせないもののひとつです。

さらに放牧地・・・というより小山をウロウロ。なかなか目的の牛が見つかりません。
f0236291_1504588.jpg



ここは放牧地の中の盆地的なところ。木の茂みは牛たちの雨風よけ場。
(右端にゴマ粒みたいな牛たち見っけ。そして実はここに今朝のお目当ての牛が・・・遠かった!さらに背景の山並みもよく見ると凄いのです(山だ~って感じで(笑))。)
f0236291_1551339.jpg



ちなみに上の木の茂みは夏になるとこんな感じ。すっごくメルヘンな場所なのです。超気に入り!(去年の6月末の撮影。真ん中に愛妻を置いてさっさとひとり先行くTAAさんがちっこく。なおこの時もやはり同じ牛を探しに)。
f0236291_1583351.jpg



・・・と、気を紛らわせつつ、まだまだ牛を探してうろうろうろうろ。手にふすま袋をかかえているし(重い)、アップダウンもきついので、だんだん疲れが出てくるころ。憧れはエベレスト登山なのになぁ、とうつらうつらと思いつつ、そんなことはなにひとつ問題ないように涼しい顔の牛たちの足腰にあらためて尊敬の念。
f0236291_15125960.jpg



山はまだコブシの花の季節でした。
f0236291_15134087.jpg



放牧地の朝の青。
f0236291_1515211.jpg



牛まぶり(牛と放牧地の看守)さん登場。超強力助っ人(青い方デス)。
七十数”馬力”にしてこの軽やかな身のこなし。尊敬の念in放牧地 パート2。
f0236291_1524941.jpg



そうしてやっと牛を見つけて追い込んで・・・
f0236291_15213268.jpg



様子を見て世話をして。
f0236291_15245768.jpg



全て終わって気づけば7時。かれこれ朝から二時間半の朝飯前の もとい、放牧地歩き。
牛たちが山へ行くと、毎日は田畑や他の仕事モードになります。
だからこんな風な牛見などは他の仕事にさしつかえない朝用事に。できるだけ無い方がいいけれど、あれば頑張って早起きで。そんなこんなのこれからの牛と人の関係です。
それにしても、あぁ、疲れたかも、やっぱり寄る年波?!でも朝の山は気持ちよく、牛たちもやっぱり気持ちよさそうに見えました。

以上、今日も長々と。なかなか絵日記モードになりませぬー☆


人気ブログランキング(地域情報) ★
↑ 気に入っていただけたら、ポチッと応援お願いします☆
2013年 05月 21日 | |
いろいろ書きたいことがたまっているけれど、まずは足元、昨日のことから。
昨日はTAAの弟のY君が元気いっぱいやってきました。
今が短い旬の真っただ中のタラボ―、タラの芽を採りにやってきたのです。
Y君は、山菜、キノコ、魚釣り、そんなものがどうやら大好き。
そうして夕方見送りがてら、何かお腹に入れていったら、とおにぎりやらなにやらをみんなで外でつまむことにすると、鳥がピー、ピー、ピーとかわいらしく鳴きはじめました。カエルがゲコゲコ言い出しました。
いろんな色に、音に、風。
本当にいい季節になったなぁ。
最近毎日同じことを書いている気がしてきましたが、昨日もやっぱり気持ちいい季節でした。

f0236291_10382248.gif



▼ 山菜採りへはちゃこさんも一緒。
f0236291_1040351.jpg
▼ なんだかドキドキ?
f0236291_10403644.jpg
▼ やっぱりドキドキ?
f0236291_1041510.jpg
▼ いや、とってもうれしかったみたいです。
f0236291_10414197.jpg


人気ブログランキング(地域情報) ★
↑ 気に入っていただけたら、ポチッと応援お願いします☆
2013年 05月 20日 | |
いろいろと予定、行事が重なってご無沙汰、失礼していました。
春はなにかとせわしなく、の真っ只中、という感じ。
農作業も日々の景色も驚きも毎日毎朝日替わりで、うっかりすると置いて行かれそうだけど、わー凄い、へー!あれもこれも!とパタパタ、キャーキャー過ごすのも春の楽しみのひとつなのかな、と思うこの頃です。
f0236291_11393684.jpg



さてそんな中、今年の私の一押しは、山の色イロイロかもしれせん。
桜の開花が例年より10日も遅かったとおり、今年の春は待つ春でした。
f0236291_11414743.jpg



だからこの数日の山の芽吹きと木々の色の変化の様が本当にわきたつように面白かったりするのです。
桜の花色のいい年、ちょっと寂しい年があるように緑にもその年々で違いがあって、もしかしたら、今年は緑の当たり年なのかも。なんにしても、毎日山を見るのが楽しみな今日この頃。
f0236291_11433932.jpg



私の好きな山のクラゲ(クルミの芽吹き)もはじまりました。
f0236291_1244423.jpg



うじゃうじゃ。やや怖。
f0236291_1244387.jpg



忘れちゃいけない。牛たちも無事山の放牧地へ行きました。
f0236291_1261424.jpg



他、運動会があったり、道草にエアモロコシ播きをしたり、ウルイ(オオバギボウシ)やアイコ(ミヤマイラクサ)の季節もはじまっています。ヤマブキも丁度今が見ごろです。

なんにしても、空の青と緑の山がうそみたいにきれいな気持ちのいい釜津田。
途中、クラゲ(いや、クルミ)や牛の報告をはさみつつ、とりいそぎ、緑イロイロなおたよりでした。
うん、とってもいい季節~!
(写真日記が続きましたが、お許しを~☆)
f0236291_12112255.jpg






人気ブログランキング(地域情報) ★
↑ 気に入っていただけたら、ポチッと応援お願いします☆
2013年 05月 17日 | |
山の色が日に日にかわるこの頃です。
山の芽吹きの時期なのです。
一日ごと、なんてものじゃなく、見るたび、見るたび変わるみたい。
山の木々がある瞬間に、一気に芽吹く、そして色が一気に変わる、そんな感じで本当にすごいのです。

一方で、今年あらためてふと気づいたことがあります。
今が旬のはしりの山菜のタラボ(タラの芽)やウドはそんな木(草)の新芽のところ。
つまり、芽がひらいた瞬間のものってこと。
そうして最近の山を見ていると、その芽がひらく期間がいかに短時間、短期間のことなのかがよくわかります。
そして思います。山もすごいけど、山菜もすごいな。

今度そんな山菜を、産直やスーパーなどで見かけたら、山の芽吹きの色とその勢を思い出すだろうな、と思います。
それは少し幸せなマジックです。

・・・と、なんにしても ↓

f0236291_5472164.gif



▼ 例えばそれはこんな色。これは14日に撮影。
f0236291_5494228.jpg
▼ そして昨日。
f0236291_550771.jpg
カメラや日差しやアングルが違うので一概には比べられないのですが、それでも色が一気に緑になったのがわかるかなぁ。とにかくすごくて素敵です。山は今本当にいい時期です。

そして明日はいよいよ牛たちも山へ行きます。放牧はじめ、牛上げです。
私は今日から用事で牛上げの日も半日不在にしてしまうのですが、山も牛もいよいよ春な釜津田です。


人気ブログランキング(地域情報) ★
↑ 気に入っていただけたら、ポチッと応援お願いします☆
ページトップ
The Original Skin by Sun&Moon