北国岩手の山の中、釜津田暮らしも15年目。農家の嫁の毎日を絵日記風にお届け中。by AKI(kamatsuta2)
<   2015年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧
| |
|
2015年 04月 30日 | |
昨日家の裏の牧草地にある桜をみにいくと、風に無数の花びらが噴き出すように舞うところに出会いました。
すっごくきれいでびっくりしました。
f0236291_6342454.jpg


f0236291_6353583.jpg


川岸ではクルミの木の芽が一気に芽吹きました。
f0236291_637499.jpg


山の道は新緑色のはじまり。これからひと月くらいが、秋の紅葉シーズンとならぶ山道ドライブシーズンかも。
f0236291_6394726.jpg


オクラの芽もではじめて、
f0236291_6411122.jpg


山菜も一気にいろいろではじめています。
f0236291_6435128.jpg


画像はウルイ(手前)とシドケ(モミジガサ)。どちらも畑に植えたものなので山のものはまだですが、それでも例年よりかなり早めの登場です。この三日ほど25度を超える夏のような気温の日が続いているので、山のものもこれから一気に出回るのかも。

その暖かさの中で、「肥えちらし、もうしちゃおうかなー、どうしようかなー」の図(例年だともう少し後なのですが、例年より早く進むような気候につられ、そわそわ、ウロウロ。そして半袖!)。
f0236291_6504841.jpg


関東にすむ知り合いから立派なタケノコをいただき、
この何年か毎年いただくその季節の便りと香りと味に、ここでも春を感じて思わずパチリ。
f0236291_6565541.jpg



絵日記描きを後回しにしている言い訳でもありますが、どことなく、絵日記より写真をあちこち撮りたくなる、そんな感じの季節だな、と思います。
山の春は色も風も香りも日めくりのように毎日日ごと変わるよう。
澄ました顔で歩いていますが、心はかなり踊っています。

▼ 謎の秘密基地(風)も登場中。その謎解きはまたどこかで。
f0236291_8533832.jpg



AKI's人気ブログランキング(地域情報・東北) ★
↑ 気に入っていただけたら、ポチッと応援お願いします☆
by kamatsuta2 | 2015-04-30 09:04 | 写真日記 |
2015年 04月 27日 | |
密やかな戦い。
そしてそこで今回はほんのちょっぴり勝った気分。
そんな今年の苗ふせ記。

f0236291_5561199.gif


とはいえ、まっすぐ並べることも大事なこと。
水やりで無駄がでたり、トンネル(保温用のビニールをかけること)がちゃんと張れなかったりするからです。
ついでに苗箱どおしをぴったりくつけて並べれば、無駄な雑草が出てくるのを防ぐこともできるし、
苗箱同士の間に均等の間隔で弓をはるのも(トンネル用)、苗の上に不要な水滴を落とさないための密かなコツ。
(↑実は私の苦手分野)
いずれ、無駄なガミガミに実はあらず。そういうコツの大事さがやっとわかりはじめた気もしているこの頃です。めでたし。

▼ 並べ終わって水やりの図。
f0236291_645225.jpg
▼ お米(イネ)の芽。
f0236291_652098.jpg
▼ そして満開中。
f0236291_654327.jpg



AKI's人気ブログランキング(地域情報・東北) ★
↑ 気に入っていただけたら、ポチッと応援お願いします☆
2015年 04月 23日 | |
一日の作業あがりの楽しみは、ビール、乾杯(結局ビールか?)、ときどきこちら。
あぁ、気持ちよかったなぁ!

f0236291_62228.gif


ちなみにTAAさんは言いました。「座敷わたし(私)だねー。」
寝る嫁もきっと縁起もの(?)ということで。


▼ ということで、種まき了(オクラ)。保湿、防寒用の不織布をかけて。
f0236291_652892.jpg
▼ カラマツの芽吹き。
f0236291_66057.jpg
▼ 昨日の夕暮れ。
f0236291_6631100.jpg


AKI's人気ブログランキング(地域情報・東北) ★
↑ 気に入っていただけたら、ポチッと応援お願いします☆
2015年 04月 22日 | |
先週後半から夜の外出用事や(昼間はなかなか出歩けないので)、ちょっとした秘密用事などがあったりして絵日記を描けずにいました。
それでも春の畑の作業はいろいろ進んでいて、主にはオクラハウス関係がぐぐんとスピードアップしています。
壊れていたハウスの補修、堆肥をいれたり、起こしたり、畝をたねたり、マルチ(畝を覆うビニール)を張ったり。私が秘密用事に行っている間に、TAAさんがこっそり灌水用のパイプも設置してくれていて、本当にいよいよあとは播くばかり、にまですすんでいました。

が、種まきまでにひとつ残っていた作業があって、昨日はやっとその作業を。
それはマルチに播種用の穴をあけていく作業です。
例年通り、炭火を入れて熱した空き缶を準備して、マルチに押し当て、快調作業。
そうしてすべて終わった時、パチリと写真を撮りました。そして比べる、作業前に同じく撮った一枚と・・・。

農作業はいろいろですが、その中で、このマルチの穴あけは、その前と後の視覚的変化がとってもわかりやすい。
これが種まきだと、種まき後も種まき後も実は画像があまりかわらなくて、心の中だけでその達成感を味わうくらいしかできないのです。
と、くどくどいいつつ、穴あけビフォーアフターを切り替えてはひとりニヤニヤ。
日々是地味ナ達成感。でもデジカメのおかげで少しだけ楽しみが増えているかも。ちょっとデジカメ(スマホカメラ含む)を見直す季節のこの頃です。

f0236291_6382625.gif


▼ ビフォー。
f0236291_6403279.jpg
▼ アフター。(達成感は自己満足系)。
f0236291_641023.jpg


一方で、季節もいろいろ進んでいます。ウグイスが鳴いたり、梅が咲いたり(桜はまだですよー)、ツバメが来たり、アサツキやギョウジャニンニクを楽しんだり。そんな話はまたあらためて。


AKI's人気ブログランキング(地域情報・東北) ★
↑ 気に入っていただけたら、ポチッと応援お願いします☆
2015年 04月 15日 | |
昨日は少し暖か、今日は朝から(夜中からですが)少し強めの雨の釜津田です。
今日は少しのんびりしたい気分かも。

さて、イラストの中では「昨日」になっていますが、実際にはもう一昨日のこと。
一昨日の畑仕事のメインエリアは今後デントコーンを播くデントコーン畑の畑起こしでした。
種をまく5月末までにはまだあと何回か畑を起こすことになるのですが、ひとまず一昨日はその一回目。近々雨が降りそうだから(つまり今日の雨のこと)その前に、、、とのささやかな段取りがあったみたいです。

そうしてその畑起こしはいつもながら見ていてちょっと面白いです。
起こす前の畑は乾いた明るめの土の色。
その土を起こしていくと、起こした土の幅ずつ土の色が湿った濃い色にかわっていきます。
そしてそれが一定の幅で(わが家の場合はトラクターの幅)、しかも規則正しく進むから、まるで地面に線や絵を描いていくようにみえるのです。
デントコーン畑は特に大きめの畑なので、その様子がよくわかります。
月並みだけど、それはちょっと地上絵みたい、、、。

本場には叶わないけど夢も話も時には大きく。
小さなナスカを今年もまた楽しむ季節だな、と思っています。

f0236291_610239.gif


ちなみに、畑の虫を狙ってトラクターのあとをつけるカラスやハト(ハトはもう少しあたたかな時期になると現れます)を見ると、漁船の後に群がる海鳥たちを思い出します。
いろんな場面でいろんなことを勝手に思う畑仕事です。

▼ 極小ナスカ。
f0236291_6131910.jpg
▼ 春風にあくび。
f0236291_6134126.jpg
▼ 野菜苗もつくりはじめ。キャベツやブロッコリーなど。
f0236291_614867.jpg




AKI's人気ブログランキング(地域情報・東北) ★
↑ 気に入っていただけたら、ポチッと応援お願いします☆
2015年 04月 13日 | |
わが家だけ・・・のような気もしますが、畑って思いのほかゴミがいろいろ散らかっているもの。
これもまたわが家だけ・・・のような気もしますが、春はとりわけゴミがいろいろ目立ちます。
支柱などを縛る紐やテープ、支柱の折れ端、種まきのあと「目印に」と折りたたんで畑に差しておいた種袋のなれの果て、ハウスの方角から吹く風にのってやってくる各種ビニール、ビールの空き缶(!)、空菓子袋(!!)。
そして昨年から急に思い立ち、春の畑はじめの最初のうちに、そうしたごみを一斉にひろい集めることにしています。
昨年から急に、なのでまったく重みがありませんが、とりあえずそんな心構えでゴミ拾いの昨日。
いろいろ集まり、気分も畑もすっきりしましたが、もうひとつ楽しいこともありました。

それはこういうことだけど(↓)、それはきっとゴミ拾いの巧妙。
近年の中ではかなり多めな気がしている今年の花粉がまい飛ぶ中での大きなマスクで表情を伝えることが難しいですが、ちょっと得した気持ちにもなっていました。とくにアスパラ発見あたり!

f0236291_682088.gif



▼ ということでアスパラ☆
f0236291_6105761.jpg
▼ スイセンは見ごろ。
f0236291_6112530.jpg
▼ 一方、オクラハウスの準備も着々とすすんでいます。
f0236291_612666.jpg
▼ 田起こしも。
f0236291_6124010.jpg
▼ 種もみの準備も終わっています(のぎすり)。いろいろすすむこの頃です。
f0236291_6133817.jpg


AKI's人気ブログランキング(地域情報・東北) ★
↑ 気に入っていただけたら、ポチッと応援お願いします☆
2015年 04月 09日 | |
・・・・・・それでもやっぱりオアシスかな。
珍しく(?)畑の様子の話が続きましたが、一方子牛たちは元気いっぱい、いたずら盛りの時期ですよ。

f0236291_6433536.gif



最近の子牛フォト
▼ たまり場。
f0236291_645349.jpg
▼ ガン見る。
f0236291_6453044.jpg
▼ vs.ミケ(毎年恒例の楽しみショット)。
f0236291_6455488.jpg



AKI's人気ブログランキング(地域情報・東北) ★
↑ 気に入っていただけたら、ポチッと応援お願いします☆
2015年 04月 08日 | |
このところ、ワサビの仕事三昧でした(といってもささやかなものですが)。
そして昨日はそのワサビの撤収作業。出荷できるようないいワサビが大分減り、あわせて、そろそろ春から夏の仕事の準備―そう、オクラの種まきの準備などもしなくてはいけない時期なので、思い切ってワサビのハウスを片づけることにしたのです。
作業はひたすらワサビを抜くこと。抜いて、土をかるく落としてまとめておいて、順次そのワサビを沢や川岸などに植え替えていく作業です。時おり日が差すあたたかな昨日。時に汗をかきながら(主にTAAさん)一生懸命やりました。

さて、そんな作業をする間、「ワサビも大変だなー」TAAさんが言いました。
もともとワサビは山に以前植えたもの。それを掘りかえしてハウスに植え、今度はそれをまた掘り返して山に植える・・・そんな仕組みになっているのですが、その中であっちこっちに連れていかれてはまた抜かれ・・・なワサビのことをどうやらTAAさんは大変だな、と思ったようなのです。あるいはえらいな、とか。
そして実は私もちょっと思っていました。あっちこっちを行き来するワサビは大変だし、強いし(植え替えに耐える)、加えてなんだかとっても不思議・・・と。

特にオクラを育て始めた何年か前から、いろいろなものがオクラとの違いとも相まって、とてもおもしろく感じます。ワサビはそんなことから見ると、なんだか無口でたくましい感じ。
いろんな生き方があるんだなぁ。ひとまず植物の暮らしの話ではあるけれど、あらためてそうちょっぴり思ったりしました。

f0236291_11363785.gif



▼ ところで、昨日の「ひとり張り切り」さん(あらためて撮ってみました)。
f0236291_11383835.jpg
▼けれどよくみたら、別のところで昨日一斉に開花しました。スイセンモトクラシ。例年より10日早い開花でした。
f0236291_1140952.jpg



AKI's人気ブログランキング(地域情報・東北) ★
↑ 気に入っていただけたら、ポチッと応援お願いします☆
2015年 04月 07日 | |
何が秒読みかと言えば、これですよ、これ。

f0236291_6483326.gif


毎日小さく楽しみです。

▼ 二、三日前のものですが。
f0236291_6495316.jpg
▼ ワサビじゃぶじゃぶ。
f0236291_6501754.jpg
▼ そういえば、アサツキが出はじめています。食でもはじまる山の中の春。
f0236291_6504129.jpg



AKI's人気ブログランキング(地域情報・東北) ★
↑ 気に入っていただけたら、ポチッと応援お願いします☆
2015年 04月 06日 | |
桜の便りに入社式に始業式。TVやラジオ、新聞では春の話題がいっぱいのこの頃ですが、こちらも最近は春休みを感じる日々を送っていました。学校の春休みを使って姪っ子たちが遊びにきてくれていたのです。
二人の姪っ子のうち一人は少しのんびりめに。
そうしていろいろな刺激的な日々をあちこちにふりまいていってくれました。
その中で特にも刺激的だったのは、アラ10(あらてん)な乙女の悩み。
よく言えば年の功軍団のわが家では、その繊細な違いはもう遠すぎて、感じるのは可愛さのみ。

おかげで気持ちは(気持ちだけは)しばし若返り、こちらも楽しい春休みを過ごした気持ちです。
それにしても、若さってまぶしいな。
しみじみ感じる、田舎のじじばばおじおばの春休みです。

f0236291_6453788.gif



AKI's人気ブログランキング(地域情報・東北) ★
↑ 気に入っていただけたら、ポチッと応援お願いします☆
ページトップ
The Original Skin by Sun&Moon