北国岩手の山の中、釜津田暮らしも15年目。農家の嫁の毎日を絵日記風にお届け中。by AKI(kamatsuta2)
<   2015年 09月 ( 13 )   > この月の画像一覧
| |
|
2015年 09月 29日 | |
サイロ詰めの話が続きましたが、そのサイロ詰めをしていた時には珍しいこともありました。
頃はちょうどシルバーウィーク。それを使って知り合いがたずねて来てくれたのです。
二組、二日、ともに最高の秋晴れの日。そしてあらためて指で数えてみると、先発のまるにツのつく自由な知人は二年ぶり、後発の絵描きなK子さんは早数年ぶり。
それぞれからともに「行くよ」とメールをもらったときには、珍しいのとうれしいのとでテンションがあがり、「あら、私ったら俄かに人気者?」と一瞬勘違いしそうになったくらい。

さて、そんな来客二組。
いえ、その二組に限らずに、このところ来客がとっても好きです。
いつだって、ふわっと楽しい気持ちになります。
来客を風にたとえることもあるけど、私は、青い鳥かも、とも思います。私をつくる幸せのもと、っていう感じです。

f0236291_8475558.gif




AKI's人気ブログランキング(地域情報・東北) ★
↑ 気に入っていただけたら、ポチッと応援お願いします☆
2015年 09月 27日 | |
多分一部ではとても有名なことなのですが、私の器はとても小さい。
最近隠していたけれど趣味は重箱のすみつつきだし、床に「の」の字を書くのも好き。
苦手なものはこっそり隠しておきたいし、得意なものはさりげなくちらりちらりとでもちゃんと見せたりする。

昨日書いたサイロ詰め。
さわやかな画像でさわやかに終了報告したけれど、実はちょっと本当に頑張ったなーと思っていて、絵に描いたら知らずそれが前面に現れてしまいました。そしてその少々まわりくどい感じが我ながらなんかちっちゃいぞーという感じ・・・・・・?!

でもまぁいいか、たまにはね。
誰もがみんなそれぞれのやり方でいつもよりちょっと頑張る季節。
時間と戦い、日と戦い、デントコーンと戦い、器と戦い、それでも(そうして?)今年も無事終わった秋の恒例サイロ詰めでした。

f0236291_93611.gif


でもね、常に目指せ大器。


AKI's人気ブログランキング(地域情報・東北) ★
↑ 気に入っていただけたら、ポチッと応援お願いします☆
by kamatsuta2 | 2015-09-27 22:30 | 器物語 |
2015年 09月 26日 | |
先日はじまった秋仕事第一弾のサイロ詰めが昨日無事に終わりました。今年はしめて五日ほどの作業。作業はやはりなかなか重労働ではありますが、いずれの日も好天でその点ではとても気持ちよい今年のサイロ詰めになりました。
今年の助っ人、Y君。前日は夜遅くまで仕事だったそうですが、駆けつけてくれてとても助かりました(でも連休の家族サービスを急遽変更してしまってよかったのだろうか・・・とちょっと心配。Mちゃん、ごめんね、でも助かりました)。
f0236291_21154550.jpg


さらに助っ人、近所のCさん。Cさんは事あるごとにお手伝いを頼む、わが家にとっては超協力サポーターのような人。わが家の仕事ももう慣れていて、何も言わずともてきぱき仕事をしてくれます。今回は二日間お願いしました。
f0236291_2117561.jpg


秋の陽が傾くデントコーン畑にて。
f0236291_21195972.jpg


ここは私が一人で刈った(手刈り)最終エリア。今年は家族の所用がちょこちょこと入り、その間、一人でコツコツ頑張ったのです。すごいな、ワタシ、と自画自賛。ちなみに奥に見えるのがデントコーンの刈り取り機械。義父御用。
f0236291_2125325.jpg


デントコーン畑からみえる青空はきれい。
f0236291_21264692.jpg


サイロの前では今年も無事年季入りカッターがブンブン、ガガガーと頑張ってくれました。サイロ詰めの強い味方「ポチ」も今年も活躍してくれました(カッターの煙突の先についた縫い合わせた袋のこと)。
f0236291_21204937.jpg


そうして季節はキノコシーズン真っ盛り。
元気な男性人はいてもたってもいられずに昼休みにそそくさと山へ・・・。どれだけキノコが好きなんだ?!と思いつつ、夜にはおいしいシメジをたっぷりいただきました。わーい☆
f0236291_2129448.jpg


いろいろ大変なこともありましたが(特に二日間ひとりでひたすら刈り取りは我ながら本当に頑張ったかも)、今年も無事終って本当によかったな、と思っています。
次は稲刈りがひかえていますが二、三日は休みの予定。今日は久しぶりにほっと一息秋の夜長です。


AKI's人気ブログランキング(地域情報・東北) ★
↑ 気に入っていただけたら、ポチッと応援お願いします☆
2015年 09月 22日 | |
晴天の下、昨日はわが家も予告どおり(?)サイロ詰めの準備作業がはじまりました。行楽日和は秋仕事仕事日和。
準備作業は、デントコーン刈り。刈って、刈って、刈って、刈って、次の日の詰め作業に備えました。
スタート。
f0236291_713112.jpg


お昼。
f0236291_7132234.jpg


午後。畑の向こうまでとうとう貫通~。
f0236291_7134181.jpg


昨日は家族の都合で私の一人作業だったので、ずっと聞きそびれていたポッドキャストを聞きつつマイペース作業。空の青さがまぶしい、本当にいい日でした。

f0236291_8224095.jpg


と、この謎の図はデントコーンの刈り順解説図、by.TAAさん。
デントコーンは手刈りと機械(小さい手押し型)の予定なので、刈る場所の順番を考えれば、できるだけ手刈りを少なく、機械を活用できるようになるので、そのための手順を解説してくれたものなのです。
嫁ひとりにまかせるにはこれがないと・・・というわけですね。
(ちなみに、わかる人にはわかるのですが、これでなかなか正確な図(なんだか失礼?)で、思わずそこに見入ってしまいました。ちゃんとカッターもあったりして(右下の赤い部分)な~るほどな一枚です)。

で、だいたいその通りに。

さて、では今日から本格的なサイロ詰め。近所のCさんも手伝いに来てくれたので今からいってきます。



AKI's人気ブログランキング(地域情報・東北) ★
↑ 気に入っていただけたら、ポチッと応援お願いします☆
2015年 09月 21日 | |
シルバーウイークに入るとほぼ同時に長雨があがり、今日も朝から気持ちのよい青空が広がる釜津田です。
釜津田中のあちこちでこの晴天をきっかけにサイロ詰めがはじまり、そわそわわさわさ動き回る人の気配を一帯に感じ、少しお祭りにも似た高揚感さえ感じます。吹く風は爽やか。秋だなぁ。

一方で、このところ出歩く用事に明け暮れていました。
来る秋の農作業(先のサイロ詰めに今後の稲刈り、そして農作業ではないけれど秋祭りなど)月間の前にいろいろと済ませておきたい外用事を済ませていた次第なのです。
ぐるぐるぐるぐる、山をのぼり、カーブをまがり、峠をこえて、いろいろ用事も無事すみました。
そして昨夜はその締め的宴会へ。隣町の牛飼い組合の方たちとの、この数年恒例になっている交流会です。
会場は峠のてっぺん。
人里はなれた魅惑のエアポケットレストハウスです。
ほら、駐車場から見える景色は空ばかりなり。
f0236291_6575144.jpg


ちなみに後ろの電波等に関するローカルなコネタをゲットしたのですが、それはまたいつか。

縁もたけなわ。もとい、宴もたけなわ。
f0236291_659196.jpg



一方で最近は、ちょこちょことあちらこちらで話しているのですが、パン作りに相変わらず凝っています。
元気とやる気が続けば、秋祭りにひとつふたつ出そうかな!とも目論み中。
素人仕事ですが、おかげで毎日にまた少し楽しみができています。
f0236291_724564.jpg


これは初期のやや失敗作。
f0236291_731367.jpg



そして今日からサイロ詰めに関する作業を少しずつはじめようかと思っています。
家族の都合でサイロ詰め自体は明日あたりからの予定ですが、その前にできる分だけ刈りはじめをしておこうというところです。
画像は昨日のサイロ詰め準備の図。今ではもうカッターが据え置かれ、デントコーンが運び込まれるのをしずかに待っています。
f0236291_761451.jpg



このところなかなか絵を描く余裕がなかったので、今日は久しぶりに画像にて。スマートフォンでのスナップ集ですが、たまには、です。
最近は絵も描きたいけれど一方で日々もきちんと記したい気持ちもあり、時間の都合によっては画像の日も続くかも。
そんなこんなの頃のごろです。ひとまず今日はご笑覧。



AKI's人気ブログランキング(地域情報・東北) ★
↑ 気に入っていただけたら、ポチッと応援お願いします☆
2015年 09月 18日 | |
図説、というほどのものではないのですが、描き出したらとまらずに、こまこまみちみちになりました。
こちらのクリ干し、そしてそこからできるクリ料理はこんな感じ(↓)。
私の憧れは、見事なまでのクリバリケードと(時期によってはクルミバリケードであることもあり)、冷凍グリとクリササギご飯。どれもやっぱり手をかけることが必要なもので、私にはまーったくできないものだから。
そして描いていてあらためて思いました。
みんな、クリ、好きなんだな。
ということで、クリ好きの里のクリ図説です。細か~い字でお許しを☆

f0236291_6481251.gif



▼ クリの季節の青い空。田んぼもだいぶ金色になってきましたね。
f0236291_6573253.jpg


AKI's人気ブログランキング(地域情報・東北) ★
↑ 気に入っていただけたら、ポチッと応援お願いします☆
2015年 09月 16日 | |
このニ、三日、気持ちのよい秋晴れが続いています。長雨で乾きが悪く日々がっかりしていた洗濯物をここぞとばかりにしたり、長雨の中取るに取れずにいた畑の草取りをみんな(義父母)としたり晴れらしいことをしています。
さて、そんな中、こちらはクリ拾いの季節にもなっています。
拾ってきたクリを干しているのをあちこちで見かけて楽しいです。この前は、干しグリをつまみながら”クリ端会議”をする三人組に遭遇したりもしました。
今年はクリが豊作で、しかも実のできもなかなかいいようで、みんなちょっとホクホク顔。そしてそんな様子や顔をみるにつけ、クリ拾いは山では保存食という意味合いもあるけれど、なによりもやっぱり秋のレジャーのひとつだな、と思います。

今年は私もそんなクリを拾うぞ!と張り切っています。
とりあえず、毎朝は張り切っています。
そう、クリ拾いって意外とマメさが必要なんです。
おかしな自分を省みて、クリはマメ人のみが得られる山からのご褒美なんだな、としみじみ思ったりもしています。

いずれこちらはクリ拾いの季節。おかしな自分はとりあえず棚に上げ、今年はクリご飯も作りたいなぁと、夢をふわふわ描いています。

f0236291_12245274.gif



▼ それでも今日はいくらかそばへ行ってみました。つやつやの秋色。
f0236291_12283889.jpg
▼ たわわ。
f0236291_12294252.jpg
▼ 画像は今朝出あったイケメンさんですが、クルミも今年は結構いいみたいですよ☆
f0236291_12342452.jpg


AKI's人気ブログランキング(地域情報・東北) ★
↑ 気に入っていただけたら、ポチッと応援お願いします☆
2015年 09月 13日 | |
エイジングな眼の悩み話明けになんですが、今年はなんと「女子」会というものに参加している私です。
「女子」という言葉にいつまでも自分を当てはめるのは少々恥ずかしくもあるのですが、表現のうえだけでもその「女子」の会、女子会に参加するのは思っていたよりもなんだかずっと楽しい気持ちになるものみたい。
そもそものはじまりは、お役所からの「女の人たち、ガンバレー」的巷の流れ。
それにひょんなことで乗せてもらうことになり、そしてそれぞれ乗った者同士が集まって、ニコニコわいわい。
特別な特徴といえば、参加者がみんな牛を飼っていることでしょうか。だから時折すごーくマニアックな牛の話で盛り上がります。そして初対面同士も多いから、最初はちょっと照れながら、次ぎからはちょっとずつ打ち解けて、、、そんな感じもちょっと面白かったりします。だってなんだかお見合いみたい♡

いずれ今年は思いがけない新しい出会いを密かにしています。
いいですねー、お見合。もとい、女子の集い。
そして思います。牛飼いだって「女子」できる。「女子」ってすごいな、「女子会」もすごい。いい時代にもなったんだろうな☆

f0236291_23131840.gif



AKI's人気ブログランキング(地域情報・東北) ★
↑ 気に入っていただけたら、ポチッと応援お願いします☆
2015年 09月 12日 | |
こちらは雨も風もさほどではなく、今日は青い空が広がっています。
TVのニュースで流れる各地の雨の被害には本当に驚き、いつもここを見てくださる方の中に被災された方もいるのではないかと気になっています。みなさん無事でありますように。また、早期の復旧が進むよう心からお祈りいたします。

さて、そんな雨の日々でしたが、こちらでは畑仕事も外仕事もできない状態でもあったので、私の方は思い切ってしばらく前から気になっていたメガネレンズの調整に、港町の眼鏡屋さんへ出かけた一日がありました。細かい絵を描いたりするとしばらく目が痛かったり、それがすぎてもいつまでも目がちくちくしょぼしょぼ、目つきは悪くなるは、眉間に皺はよるは、それはそれはひどかったのです(家族談)。
そして、そうして行った眼鏡屋さんでは、大好きなレンズ調整用のメガネをかけたり、右だ左だと緊張したり、実は少し楽しい時を過ごしました。眼鏡屋さんは、行くまではちょっと敷居が高いのですが、細かい検査のいろいろははじめるとちょっと好きなのです。
けれど今回ほんの少し、ほん~の少しですが、衝撃的な出来事にも出会いました。
「ちょっと度が変わりましたねー」と店員さん。やんわりと。
「少し近くが見えにくくなりますねー」、ふたたび店員さん。でもそんなもんですよ、的に。
けれど最後にうっかりと。「やっぱりあれくらい老眼が入るとですねー」店員さんはおすすめのレンズにもはや夢中。

唐突ですが、牛飼い業界と隣接する食肉業界では、エイジングは熟成のこと。
そして熟成は「熟成させる」だけでなく「熟成をかける」とも言うんです。そう、それは気をかけ、手をかけものの味わいを豊かにする技術にほかならないわけなのです。
主に女性界では複雑な意味を持つエイジング。でも私は今回は牛飼い界的エイジングを採択の予定。
目の不調もていねいに優しくこれから接し、素敵な熟成人生を歩みたいな、と思いはじめていたりします。

f0236291_11484549.gif



▼ 今日の青。
f0236291_12114892.jpg


AKI's人気ブログランキング(地域情報・東北) ★
↑ 気に入っていただけたら、ポチッと応援お願いします☆
2015年 09月 08日 | |
唐突ですが、こちらに来て、折に触れつくづくと思うことがあります。
それはみんなが実に器用で創造的で工夫屋であるということです。
例えば家の何かが壊れたとき、まず考えるのはどこをどうしたら直るかということで、それに見合う道具や材料をどこからともなく見つけ出すこともそれに含まれていたりします。
また、暮らしに必要なものもまず自分で作ってみることがまだまだメジャー。大きな大きなビニールハウスや畑でつかう棚などもこともなく作るし、牛舎まわりのいろいろから、大人数での外ご飯で急遽必要になった椅子をさくさくっと作ってしまうのはもはや何かのトリックのよう。
はぁ、すごいなぁ、そんな風に思います。

さて、そんなことを踏まえて先日のこと。またそのことをつくづく思う一日がありました。
そこにあったのは一見用済みの板と角材。しかもそれがたくさんあってこちらが少々困っていると、次から次へとそれを求める人々と出会ったのです。
「こりぁいい、垣をつくる」「この前風で折れた花の支えに」「子牛の囲いに」「牛の餌入れに」・・・・・・エトセトラ、エトセトラ。
そこにあったのは明らかに用済みの板と角材。けれど手細工派の人の前ではそれはあらゆるものの源に。

木工創作力(いや、立体造詣全般かも)ほぼ皆無の私でなくても感動しちゃうと思います。
みんな本当に自分で作るの、好きなんだな。
そして明らかになる、手細工好きの”ポスケ”人気。

f0236291_19512690.gif



▼ 近影。長雨に霧の日々。
f0236291_20222181.jpg


AKI's人気ブログランキング(地域情報・東北) ★
↑ 気に入っていただけたら、ポチッと応援お願いします☆
ページトップ
The Original Skin by Sun&Moon