北国岩手の山の中、釜津田暮らしも15年目。農家の嫁の毎日を絵日記風にお届け中。by AKI(kamatsuta2)
2008年 08月 11日 | |
行き当たりばったりでは、やっぱり先々不安です。
デートだって、食料探しだって、下見しておけば安心、安心。
f0236291_2249045.gif


f0236291_2249266.gif



AKI's人気ブログランキング(地域情報・東北) ★
↑ 気に入っていただけたら、ポチッと応援お願いします☆
2007年 09月 22日 | |
サイロ詰め最終日の今日。
「あとどれくらいー?」
「あとジョーズ一台分!」

昨日散々言われていたジョーズ。
この一言で、評価が180度大回転。
「最後」がつけばなんでも感慨深い。こんなにジョーズが待ち遠しいなんて。
人の気持ちって移ろいやすいものなのです。
秋の空とか泣いたカラスに例えられるように。
そして明けない夜がないように、終らないサイロ詰めはないのだ!
あぁ、これを教訓と心にしっかと刻み込み、もっと心を広く、ジョーズにもやさしく、忍び寄る影に臆することなく明日から元気に生きていこう。
f0236291_2265813.gif


ということで、祝・サイロ詰め、終了!
サイロ詰めがまだこれからという畜産農家の皆様、お先デス~♪

AKI's人気ブログランキング(地域情報・東北) ★
↑ 気に入っていただけたら、ポチッと応援お願いします☆
2007年 09月 21日 | |
今日も日中30度近くの釜津田です。
この時期にこの気温はびっくり仰天な釜津田でもあります。
そんな中の今年のサイロ詰め。だいたい目処はたったけど、明日が正念場、といったところ。

さて、そのサイロ詰め。
普通に作業をしても、サイロ詰めの量が少ない我が家でさえ、数人がかりで3,4日。これをだらだらやっていてはいったいいつ終るやら、なのです。
どこの仕事場、作業場でもそうかもしれないけれど、だからサイロ詰めも効率が大事。
刈り方さん、切り方さん、踏み方さんがそれぞれてきぱき流れ作業をとめることなく。

・・・ と、いうことはわかっているけど、たまにちょっと小休憩したくなる。
例えばちょっと水を飲むとか、空を見上げるとか、下界(地上サイロは上に行くと3メートルくらいの高さになる)を見下ろすとか。
だけど、そんな時、決まってやってくる影がある。
ただの影のくせにさ、静かにそっとそして威圧的に近寄ってくるのだ。
その威圧感は影が目に入るたびにジョーズのテーマが聞こえるくらい。
まだまだいい子ぶってる嫁なので、影の実態には直接何も言いませんが、怖いよー、お義父さま、もといジョーズゥ~!

f0236291_2245120.gif

f0236291_2251812.gif


二枚目の絵の私がおまんじゅうみたいになるくらい、今思い出してもジョーズは怖い。



AKI's人気ブログランキング(地域情報・東北) ★
↑ 気に入っていただけたら、ポチッと応援お願いします☆
2007年 09月 19日 | |
今日からやっとサイロ詰めです。
今年は例年よりちょっと遅め。早く終らせてすっきりしたかったので、やっと、といった感じ。

サイロ詰めは、牛の飼料作り。デントコーンを細かく刻んでサイロに詰めておくのです。
って、書くと一行ですんでしまうのですが、牛11頭分の冬(約半年)の餌なので、結構な量がある。
近所の人に手伝ってもらって数人でとりかかっても3日~4日ぐらい。
デントコーンを刈る係、刻む係、サイロの中で踏みつける係があるけど、私はたいてい踏む係。
踏む係は一日中、約8時間サイロの中ですごすことになる。こうなるともう我が家だ。

だけどその期間限定数日間の我が家は風通しがほとんどなくて、ひたすら暑い。喉の渇きが一番つらい。
だから今年はペットボトルのスポーツドリンクを持参してみることにした。
適当なところに置いておくとあっという間に刻んだデントコーンに埋もれてしまうし、ポケットにいれておくわけにもいかないので、天井からぶらさげて。

これが結構よかったです。今時ど根性の部活動だって練習中の給水があたりまえの時代(私が部活に燃えていた青春時代は練習中水を飲んではいけなかった。時代は変わるのだ~)。
サイロ詰めだって給水が最先端のはず。何よりも、「我が家」は快適にあらねばならぬ。
どうせなら、今は変哲もしゃれっ気もないサイロも進化して、いつか車みたいにドリンクホルダー搭載とかになったら素敵ないものか。

インスパイア・ザ・ネクスト~自画自賛、大絶賛提案中!とか思ながら、つまり長時間作業で集中力を欠きながら、今年もサイロ詰めの秋を過ごしています。

f0236291_2223922.gif



AKI's人気ブログランキング(地域情報・東北) ★
↑ 気に入っていただけたら、ポチッと応援お願いします☆
2006年 09月 17日 | |
この二日頑張ったサイロ詰め。
カッターで刻んだデントコーンをサイロの中にひたすら詰め込む作業です。
ただ詰め込むだけではなく、しっかり踏み込むのがポイント(らしい)。
そして、その踏み方にもいろいろとコツとバリエーションが。

一、利き足での踏み込みメインでたまに横歩きなども入れられる基本パターン、
一、カカトでの踏み込みが楽な後ずさりバージョン、
一、足腰に自信のある人むけの両足踏み込みバージョン、
一、私得意の飽き飽き(ふり仮名はAKI AKI)バージョン、
一、さりげなく運命共同体をかもし出すシンクロバージョンなどなど・・・。

いずれにしても、サイロ詰めは1、2、1、2で、ちょっぴりマーチのリズムのように。
とはいえ、さすがに日がな一日狭いサイロの中で、軽快なマーチのリズムは刻めなかったりするわけですが、それでも全てが終わった後は心も軽やか。その上、その軽やかさはなんとも極上。
サイロ詰めのリズムは、半分根気、半分喜びでできている。
秘密兵器登場で少し気持ちに余裕のできた今年は、そんなことを思ったりした。
f0236291_22045.gif


f0236291_2203227.gif


サイロ詰め後の身体は重い。
年々とれにくくなる疲れに身をまかせ、知らぬ間に時間だけが過ぎていくこの頃でした。


AKI's人気ブログランキング(地域情報・東北) ★
↑ 気に入っていただけたら、ポチッと応援お願いします☆
2006年 09月 14日 | |
今朝からサイロ詰め(牛の飼料づくり)をしています。
サイロ詰めの辛いところは刻まれたデントコーンの塊が頭の上からごつごつと降り注ぐこと、そしてそのデントコーンシャワーを浴びながら細かいデントコーンをフォークを使って均一にならすこと。(→昨年度参照)
正直言うと、痣だらけ、そして腰痛、筋肉痛。

でも今年は違うのです。
今まで何度か近所のサイロ詰めをのぞきにいって、秘密兵器の存在を知ったから。
その秘密兵器は、肥料袋を縫いつなげただけの長い長いよれよれの筒。
でもこれをデントコーンのカッターに取り付けると、あら不思議、筒をちょちょいと操るだけでデントコーンを均一に撒き散らすことができるのだ。もちろん痣もできないし。
いやぁこれが素晴らしい。使ってみないとその素晴らしさが伝わりにくいのが非常に残念。でも本当に素晴らしい。
おかげで今年のサイロ詰めは楽しい・・・と、そう思い込んで残り半分、ガンバリマス。
f0236291_21574969.gif




AKI's人気ブログランキング(地域情報・東北) ★
↑ 気に入っていただけたら、ポチッと応援お願いします☆
2005年 09月 15日 | |
農業は晴耕雨読といいますが、サイロ詰めに限って言えばそうでもない。
サイロを詰め始めたら、最後に蓋をするまで間をあけるわけにはいかないのです。
なぜならサイロに余分な空気がはいり、デントコーンを腐敗させるから。

さて、昨日のこと。
天気がいまいち悪かったのですが、そんなわけで晴れ間をみての作業。
そんなときの私の気分は実にコロコロ、よく変わる。
晴れ間がのぞくとやる気になるが、どんより雲がかかり雨がポツっとくれば、私のやる気は急にダウン。
どうやら私の動力は太陽電池らしいのです。
充電機能も欲しいこの頃。
f0236291_21545770.gif



AKI's人気ブログランキング(地域情報・東北) ★
↑ 気に入っていただけたら、ポチッと応援お願いします☆
2005年 09月 14日 | |
昨日から、秋の大仕事のひとつ、サイロ詰めがはじまっています。
サイロ詰めは、牛の大好物のデントコーンをサイロ詰めて飼料をつくること。
わが家では親牛10頭分のサイロを用意するのに、3~4日かかります。
大規模な牛飼い農家では、一週間以上かかることも。
時間と根気を要するサイロ詰めですが、これが終わらないことには、夏の間放牧地にいる牛たちを、冬、家に迎えることができない・・・。
そんなわけで、釜津田では、只今サイロ詰めのシーズン。
あちこちで、デントコーンを刻むカッターの音が響いています。

そして、今年のわが家のサイロ詰めはこんな感じで、さらにいつもより痛めです。
f0236291_21502089.gif

f0236291_21505626.gif



今年のデントコーンは実がよく入って、大きくて頑丈。
だから、当たるといつもより痛め。
でも、TAA曰く、痛い痛いも豊作のうち・・・みたいです。
f0236291_21513236.gif


もしかして、騙されてる?

▼ サイロ詰め概要。
f0236291_21493751.gif



AKI's人気ブログランキング(地域情報・東北) ★
↑ 気に入っていただけたら、ポチッと応援お願いします☆
2004年 09月 18日 | |
f0236291_2146478.jpg釜津田は農繁期・・・というのは以前にも書きましたが、農作業は自分の家の仕事が終わればめでたし、めでたし・・・というわけにはいきません。
 釜津田ではまだユイトリという習慣が残っていて、農作業などを誰かに手伝ってもらったらその分を手伝ってかえさなくてはいけません。手伝ってもらった分のユイをかえすことを「ユイすまし」、何の借りもなく後日手伝いに来てほしいときに手伝いに行くとこを「ユイかし」とかいうようです。この時期になると、どこの家でも、「この前のユイすましにいかなければ」とか「うちではあそこの家に何日、何人(ユイ)かししてたから・・・」と手伝い勘定に大忙しです。
 わが家でも今年のサイロ詰めでは、K家にユイ貸しし、その分手伝いにきてもらい、同時に別のN家からユイ借り。で、このとき借りたユイを返しにN家のサイロ詰めを手伝いに行き、そのサイロ詰めを多めに手伝ってさらにユイを貸し、貸したユイは今度の米刈りでかえしてもらう・・・という感じ。
 ちょっと複雑ですが、要は、借りた分は返す、という単純なこと。確かにとても忙しいのですが、家族だけで黙々と農作業をするよりも、親しい家同士でユイトリしながら作業の後に皆で一杯!の方がずっと楽しい。そんなこんなで、朝から夜まで忙しい毎日です。

写真:この三日、ユイトリでサイロ詰めをしにいったN家で今年登場のサイロ用運搬車(?)。


AKI's人気ブログランキング(地域情報・東北) ★
↑ 気に入っていただけたら、ポチッと応援お願いします☆
2004年 09月 04日 | |
共進会をはさんで、わが家ではサイロ詰めがはじまっていました。デントコーンを収穫し、カッターで刻んでサイロに詰める・・・この作業のなんと大変なことか。それでも、今年は、家族に加えて近所などなど7人に手伝ってもらい、4日ほどかけて無事終了。
f0236291_2143332.jpg f0236291_21434699.jpg


  釜津田ではすでに稲刈りも始まっています。サイロ詰めをするカッターの音、刈りとった稲を運ぶ運搬車の音、そしてお互いの家で作業を応援しあう人々のせわしない往来の音が、釜津田中にあふれています。



AKI's人気ブログランキング(地域情報・東北) ★
↑ 気に入っていただけたら、ポチッと応援お願いします☆
ページトップ
The Original Skin by Sun&Moon