北国岩手の山の中、釜津田暮らしも15年目。農家の嫁の毎日を絵日記風にお届け中。by AKI(kamatsuta2)
タグ:サイロ詰め ( 30 ) タグの人気記事
| |
|
2012年 09月 21日 | |
サイロ詰めの季節の釜津田より、釜津田色だより。
デントコーンの黄色です。

f0236291_5571742.jpg


ただの黄色に見えるけど、つぶつぶのひとつひとつについている、ペコっとへこんだえくぼが実はポイント。ちゃんと熟し、程よく余分な水分がぬけた、”詰め時”サインになっています。
私的には、まぁ、もうね、そのえくぼがかわいいわけです。

昨日から今年もサイロ詰めをはじめました。
いろいろ他の用事をはさみつつのんびりやる予定なので、楽しく気楽にやっています。
そして、今年の実はなかなか上々(実もよくできていて、刈り時も押さえている、の意)で、「いいな、いいな」とTAAは作業の合間合間に、実は少しはしゃいでいます。
それをみて、まぁいいかもね、いいんじゃない?相槌をうっているわが家です。


▼ ちなみにデントコーンの実はこんな。長さは30㎝から大きいもので40㎝弱くらい?
f0236291_633254.jpg
▼ 割っても詰め時サインをみます。熟した後、乾燥が始まると、芯を中心に実の内側1/3ぐらいのところに褐色のラインがでてきます。それが”程よく”でてきたら詰め時なんだとか。わかるかな。私にはわからん。
f0236291_662779.jpg



人気ブログランキングへ
気に入っていただけたら ↑ をポチッと応援お願いします♡
2011年 09月 25日 | |
f0236291_21284915.jpg



この週末にとりくんでいたサイロ詰め(デントコーンの刈り取りとそれを牛の餌用にサイロに詰める作業)、本日無事終了しました。
稲刈りと並ぶ秋の二大・大仕事のひとつなので、まずひとつが片付いてどっと安心。
しかも、当初は数日かけての予定だったのが、三日ちょうどで終わって感動。
そしてその感動は、先日までのやきもきはどこへな好天と、少々の勢い、そして何より強力助っ人のおかげです。

Aさん、Cこさん、T子さん、Nちゃん、そしてTAA’s 弟・Y君ファミリーありがとうございました。
写真はY君ファミリー、りーちゃん。Y君から農家のDNAを継ぐたのもしき小学3年生。将来有望。

ひとまず、そんな素敵な助っ人さんたちへのお礼とあわせてご報告まで。
明日はモチ米刈るのデス。
2010年 09月 22日 | |

先日終わったサイロ詰め。
内容的には、ひたすらデントコーンを刈って、切って、サイロに詰める作業です。ひと冬の牛の餌の準備。
今年は天候(しとしと雨)やそれぞれの用事などの都合で5日ほどかけてののんびり作業だったけれど、普段はたいてい3日ほど。
一日ずったり力仕事で、終わることには気力、体力、消耗激しい。サイロ詰めはちょっと苦手。
けれど、そんな時、心にふわっと浮かぶものがある。
それは、近所のおうちのサイロ詰め秘話。
うちは牛が11頭で、それほど多いわけじゃない。
一方で、近所には、数十頭以上の牛がででんといる家も。
そうなると、サイロ詰めは季節のひと仕事どころか、生活の一部。一週間、一か月、サイロ詰めをするのだと、そんな話も耳にします。そんな話を思い出します。そんな話に思いを静かにめぐらせます。

他人の不幸は蜜の味・・・そんな風に思ったりしないよう気を付けているけれど、サイロ詰めのときにはいつも頭をよぎります。
不幸、とまではいかずとも、その一歩手前(?)、他人の苦労は蜜の味・・・。
後ろ向きなモチベーションに、今年も少し反省しました。

f0236291_935842.gif



ところで、上のイラストにもあるように、今年は義妹(TAAの弟のお嫁さん)のMちゃんが初サイロ詰めに挑戦でした。
仕事の休みを使ってやってきて、せっせと手伝ってくれたMちゃん。
サイロ詰めの感想は?の問いに・・・「ギョウザ、食べたくなってきた」。
お礼にかえて、最後にMちゃんの様子をおまけです。

f0236291_9394631.gif



▼ シソの花散る季節です。
f0236291_942307.gif

2010年 09月 21日 | |

f0236291_9595619.gif



春からずっとそこにあり、最近にあっては壁のように立ちはだかっていた一面の緑のデントコーンたちが一斉に畑から姿を消すのはなんだか不思議。
はっと気づいてびっくりするのは、なんだか消えるマジックみたい。
その分今度は、今まで緑に埋もれていたいろんなものが、急に姿を現して、あらいつの間に、こんなところに・・・なんていうのも不思議です。
いやぁね、自分たちでせっせと刈って、えんやこらやとサイロに詰めて、その結果だとわかってはいるけれど、手品みたい!どうしてもそんな気持ちになるのです。

と、いうわけで、今年も牛の餌づくり、サイロ詰めが終わりました。一昨日ね。


▼ はい、消えました。空っぽのデントコーン畑。
f0236291_10113886.jpg

▼ 夏のはじめはこんな感じ。これが3メートル近くまで伸びていました。
f0236291_10121478.jpg

▼ 最後に、はい、現れました、のキクイモの花。黄色がとってもかわいいです。
f0236291_10124748.jpg


「あるハタ」(@アイリス家庭菜園ドットコム)も更新です。vol.27は前回に引き続き、最近の畑から。
『農家の嫁の事件簿 描き下ろし』のプレゼント企画は今日(21日)が締め切りです。詳しくは右のバナーからどうぞ。応募してくださった方(がもしいれば)、ありがとうございました♡

2009年 09月 22日 | |
さて、マツタケ話に続き、今回もサイロ詰め話がしつこく続いておりまする。
サイロ詰め、以前は頭の上から刻んだデントコーンの塊が、アメアラレのように、いや、親の敵のように降って来て、それに痛いとうめいたり、刻み係のTAAに逆恨みを抱いたりが常でした。
それが、秘密兵器の登場により、革命的に快適(と言い切るかどうかは迷うけど)になったのは四年前のこと。

以前にも書いたけれど、肥料袋をつなげただけなのに、それをカッターの煙突(刻んだデントコーンが飛び出してくるところ)にとりつけただけなのに、本当に快適。
近所のTさんの家のサイロ詰めで目撃して以来、真似しはじめたのがことのはじまりなのですが、その快適さにすっかりはまり、今年ももちろん大活躍。
特に今年はその出会いからちょうど5年の記念すべき年ということで、
袋の色使いから縫い合わせるためのテープの配色、さらには補強ゴムの採用に至るまで工夫をこらし、気合いを入れて作ってみました。

通称”ポチ”と呼ぶそれの、今年版はこんなもの↓。
ついでに作り方も載せてみました。あくまで我が家流ですが。
備えあれば憂いなし。いつ、どこで、どんな理由でサイロ詰めをすることになるかわかりません。正しく覚えておくと、いつかどこかで役に立つ、かも。

f0236291_22264413.gif


f0236291_222777.gif





AKI's人気ブログランキング(地域情報・東北) ★
↑ 気に入っていただけたら、ポチッと応援お願いします☆
2009年 09月 21日 | |
先日、我が愛しの移動図書館車・かもしか号の中で「あらまぁ、お上品!」そんな話になりました。
それは、モギモギ派のクマのこと。
運転手さんと司書さんに、近況報告がてらモギモギ派の話をすると、司書さんが感心したように言ったのです。
そうか、お上品なんだな!その時以来、モギモギ派のことをそう思っていました。
そしてまた、そんな噂をたてていました。

けれどやはり所詮(?)クマ。
わが家のデントコーン畑に残された晩餐の跡からして、
相当な食いしん坊・・・少なくとも、お上品とは決して言えないし、
TVのニュースでは同じツキノワグマの被害報道にびっくりしたし ――― 。
次のかもしか号では、噂の真相をちゃんと訂正報告しておかなくちゃ。
せっかくサイロ詰めも終って、放ったらかしだった家事を片付けようと思っていたのに、
今度はそのことばかりが気になってまたもや家事に手がつかない。

f0236291_22252290.gif


f0236291_22254438.gif




AKI's人気ブログランキング(地域情報・東北) ★
↑ 気に入っていただけたら、ポチッと応援お願いします☆
2009年 09月 20日 | |
先日まで頑張ったサイロ詰め。
サイロ詰めは牛の餌作り。
去年いただいたコメントで、それを「デントコーンの漬け物作り」と教えてくれた人がいました。
先日は普及所の方が(農作業等の指導をしてくれる人)、やはり「漬け物」といいました。

デントコーンを刈って(わが家では手刈りデス)、刻んで、サイロに詰めて、踏みつけて空気を抜いて、密閉して重石を載せておくサイロ詰め。そうすると、来春まで保存がずっと効くのです。確かに漬け物。その通り!
だから今年は、踏んで踏んで、ひたすら踏みつつ、「漬け物作り♪」と頑張った。
でも、踏んで踏んで、ひたすら踏みつつ、「漬け物作り♪」と思っていたら、あるときふと、何だか急に悲しい気持ちになってしまった。

どうせ踏むなら、うどんとかブドウだったよかったのになぁ~。

f0236291_22222273.gif


f0236291_22224221.gif



AKI's人気ブログランキング(地域情報・東北) ★
↑ 気に入っていただけたら、ポチッと応援お願いします☆
2009年 09月 19日 | |

f0236291_2220566.jpg


写真向こうから、一のサイロ、二のサイロ、そして手前が三のサイロ。
義母の好きな民謡に
♪一のお蔵は銭蔵 コラ 二の蔵は金蔵 三のお蔵は宝蔵 ~
なんて歌があるけれど(南部俵積み唄)、
残念、サイロはいくつ数えても中身はみんなデントコーン。

わが家は牛が少ないので(11頭)サイロも小さく、
今年も一つ詰めるのにそれぞれ一日、計三日くらいのサイロ詰めでした。
おむかいのT勝さんちなんか、牛が多いので10日ぐらいかかります。
一度手伝ったことがあるのですが、これが永遠に終らないようなサイロ詰め。オソロシカッタ・・・。
というわけで、わが家は今年も無事、サイロ詰め、終りました。

まずは写真にてご報告。



AKI's人気ブログランキング(地域情報・東北) ★
↑ 気に入っていただけたら、ポチッと応援お願いします☆
2009年 09月 18日 | |
f0236291_22174880.jpg



バッタバッタとデントコーンを なぎ倒しつつ 刈り倒しつつ、バリバリバリ~とカッターで刻んで、サイロに詰めて踏んづけて、只今牛のご飯づくりです。
放牧地にいる牛たちが、全く、ひとつも、からきしこの姿を知らないということだけが無性に残念。

今日は写真日記にて。途中経過のご報告まで。


AKI's人気ブログランキング(地域情報・東北) ★
↑ 気に入っていただけたら、ポチッと応援お願いします☆
2008年 09月 23日 | |
f0236291_2212303.gif



我が家では基本的に手刈りのデントコーン刈り。
よく研ぎ澄まされた鎌でスパッ、スパッと切っていくと、かわいい刈り株君がいっぱいできます。
でもそれは、誰にでも生み出せるものではないのです。
私の刈り株はいつでもあっち向き、こっち向き、下向き、上向き、斜に構えたりな刈り株君。
一番上手に刈り株君一族を生み出すのは・・・

f0236291_2213125.gif


f0236291_22133833.gif


そんなこんなで、今年も無事サイロ詰めが終りました。
ひとまず安心です。
(サイロ詰めについての詳細は、過去ログを検索してみてください。手抜きですみませ~ん)。


AKI's人気ブログランキング(地域情報・東北) ★
↑ 気に入っていただけたら、ポチッと応援お願いします☆
ページトップ
The Original Skin by Sun&Moon