北国岩手の山の中、釜津田暮らしも15年目。農家の嫁の毎日を絵日記風にお届け中。by AKI(kamatsuta2)
タグ:短角放浪記 ( 3 ) タグの人気記事
| |
|
2013年 07月 04日 | |
さて、昨日のつづきの正解編です。
先日出かけてきたその行き先は、岩手は県南・奥州市。
世界遺産の平泉が近くにあったり、短角牛的には雲上牛な、かの有名な前沢牛の産地でもある町です。
釜津田からは車で(高速をつかって)3時間ほどの場所なのですが、そこへ何をしに出かけたかといえば、おいしいランチ 牛関係の研修会だったのです。

訪ねたのはフレンチレストラン「ロレオール」。
岩手の地元の食材を使った本格的なフランス料理を”岩手フレンチ”として味わえるレストランです。
詳しくは「ロレオール」困ったときの「今日の田舎」さんにお願いしますが、そこで短角牛肉を厳選食材のひとつとして扱ってくれている上、シェフツアーでの交流などのきっかけがあり、ではみんなでお店に食べに行こう!というツアーになったのです。

と、なんにしても、そんな風ないきさつで出かけた「ロレオール」。
そこは、つまりは、いつも身近にみている食材のはずなのに、それが「へ~?」や「へ~っ!」となるお店。
岩手の食材が身近な人ならば「こんな食べ方もあるんだ!」と食材のあらたな一面を感じられるし、岩手の食材が身近でない人でも「こんなかわった食材があるんだ」ときっとびっくり、そして岩手らしい食材を楽しめるののかなぁ!と思います。そしてもちろん、おいしいの。もう感激!
食材の力って、料理ってすごいな、としみじみと思います。

素敵なシェフは、おままごとな手土産オクラまでお洒落な一皿にしてくださいました。
オクラのタネのような感激の涙、コロリ。

前置きが長くなりましたが、そうして出掛けたロレオールでの思い出はこんな感じ。
とっても美味しかったし、短角牛(のお肉の方)についても、ちゃんと勉強できましたYO!

f0236291_834263.gif


f0236291_8342844.gif


f0236291_8345644.gif



▼ あらためて、短角牛肉の超うまステーキ!
f0236291_934490.jpg
▼ 素敵オクラ。でもなんだか緊張してピンボケ&斜めになっちゃった、の図。
f0236291_935084.jpg
▼ そうしてあわせて行ったのは隣接の「牛の博物館」。こんな牛インテリアもいっぱい♡さすが前沢牛の生産地!
f0236291_9535.jpg
▼ 欲しい@博物館玄関ホール。
f0236291_95576.jpg
▼ 博物館ではこんな素敵資料もいただいてきました。勉強するのだ!
f0236291_9251524.jpg

今回あまり載せられなかったのですが(昨日の写真はほぼこっちだったのに)、「牛の博物館」は実は長いこと、長いこと、行ってみたかった場所のひとつ。
念願かなってこちらも拝観。どれもすごく面白かったです。いや、もう、大興奮。
いろいろ描きたいこともありますが、あまりに長編(そしてマニアック)になりそうなのでそれはまた別の機会に(←結局いつかは描くのか、ですが(笑))。

研修関係者のみなさん、大変お世話になりました。
ロレオールさんへは、TAAさんとまた行きたいな、と思います!



人気ブログランキング(地域情報) ★
↑ 気に入っていただけたら、ポチッと応援お願いします☆
2013年 06月 25日 | |
少し遅ればせながらですが、先日は楽しい街遊びもしてきました。少し忙しいスケジュールではあったのですが、甘い物とカレー、焼きそばは別腹、と同じように、街遊びも別腹デス(←相変わらず、意味不明)。
そうして出かけてきた街は、いつもの街。だけど今回はちょっと特別。
なぜなら、最近よく遊んでもらっている知り合いがおいしいお店にご案内!というプランだったから。
しかもそれが短角牛肉。「もうね、美味しいから~」。そんな言葉にはめっぽう弱い私、以前からずっと行ってみたいと思っていたお店でした。

さて、そのお店。炙りもの屋さん。そして本当に美味しかった!
もちろんお肉も選びに選び、なのだと思うのですが、焼き加減を上手に伝授し、それが本当に絶妙な感じ!
表20秒、返して20秒・・・教えてもらった焼き方を、三日たった今でも、美味しいお肉になる呪文を知ったみたいに、ときどき唱えていたりします(注:そのとき食べたお肉”ぶりすけ”に限るので、万能呪文ではありません)。
それは当初、「美味しい短角牛肉を食べる会」、だったけれど、その実態は、「美味しく短角牛を味わえる会」。

なかなかね、そういうお店は少ないような気がするのです。
また行きたいな、と思います。釜津田の人か、牛飼いの誰かとも行ってみたいところデス。

f0236291_221538100.gif



ちなみにこの日はTAAさんは別行動。やはり仲良しの怪しい面々と、そちらはそちらで盛り上がったみたい。たまにはそんな街遊びの日も。

▼ で、短角ぶりすけ、赤い肉。肩バラ肉の一部だそう(目下、肉部位勉強中)。
f0236291_22155732.jpg
▼ ついでに(?)お煎餅焼きもしてきました。麗しの南部煎餅です(@盛岡手づくり村)。
f0236291_22174019.jpg
▼ ところで今日一時期ひどい雨。ひととき、畑が水没状態。
f0236291_22183986.jpg
▼ でもなんとか無事雨上がり。そして雨上がりの空(と、田んぼの見回りに行くTAAさん)。
f0236291_22192439.jpg



人気ブログランキング(地域情報) ★
↑ 気に入っていただけたら、ポチッと応援お願いします☆
2013年 03月 02日 | |
先日、ソウルオブ東北・シェフツアーというもの町へやってきて、その交流会にちょこっとお邪魔をしてきました。
ソウルオブ東北・シェフツアーの詳細は話すと長くなりそうなので担当の「今日の田舎」さん(1)(岩泉産業開発)へまるなげしますが、その交流会は、あちこちから集まったシェフたち(しかも超一流の方ばかり!←この点も、詳しくは今日の田舎さん(2)へ)が、その土地のその時の食材をいろいろな料理にして活かしてご馳走してくれるというもの。それはもう、豪華すぎる夢のような夕べ。
しかも今回は、なんとメイン食材が短角牛肉。
そしてね、もうね、とっても素敵すぎました。
お肉の食べ方って、こんなにいろいろあるんだなぁ!しかも、それぞれ味わいが違って、これはものすごーく奥が深い世界なのね!をキラキラと実感(キラキラは、あまりのおいしさに飛び散る☆の数ですが)。
そして、その夕べはこんな風 ↓ 。
シェフと人とお料理でぎゅうぎゅう詰めの会場は、なんだかよく考えると不思議な光景で、だけど楽しい夢のような一夜でした。

f0236291_10374685.gif


f0236291_10381956.gif

そして、ちょっと思うのです。
先にも書いた話だけど、いろいろな食べ方があるんだなぁ!って。具体的には、焼肉だけじゃないのねって。
赤身肉が特徴の短角牛。ヘルシーさと味の濃さがウリだけど、部位によっては堅かったり、火の通し方ひとつでやっぱり食べにくいお肉になってしまったりするのです。ちょっと面倒、手がかかる。
だけどやっぱりおいしくて、そのおいしさをより楽しむためには、焼肉やすき焼きなどと並べてもっとタルタル系や煮込み系に力を入れたらいいのかも!「タルタルは脂の多いお肉ではなかなかうまくできなくて、脂の少ない短角牛肉は本当にぴったり」とも言っていたし。へー!なるほどです。

で、そう思ったら、なんだか急にいろいろ楽しくなってきました。
それはこういうことなのです↓ 。
で、結論。やっぱり楽しい夜でした。またあんなご馳走にもめぐりあいたいなー♡
f0236291_10383999.gif



▼ で、タルタル!
f0236291_1113040.jpg

▼ これは佃煮。私作(恥ずかしながら)。でもこういうのが似合う気がする短角牛肉。と同時に、ご飯がすすむ、最近のお気に入りです。
f0236291_11134999.jpg


他、素敵料理の素敵な実写版は、ここでもやっぱり今日の田舎さん(3)へ。(←マメすぎて素敵)
そんな素敵な今日の田舎さん、関係者のみなさん、シェフのみなさん、ありがとうございました!


人気ブログランキングへ
気に入っていただけたら ↑ をポチッと応援お願いします♡
ページトップ
The Original Skin by Sun&Moon