北国岩手の山の中、釜津田暮らしも15年目。農家の嫁の毎日を絵日記風にお届け中。by AKI(kamatsuta2)
連休の神様2
2010年 05月 06日 | |

GWもあっという間に終ってしまいました。
とくにスペシャルイベントが待っていたわけではないけれど、終ってしまってちょっとがっかり。だけど桜もとうとう咲いて、気分爽快の連休明けです。

さて、今年のGWもかわらずにぎやかに。
ただいつもよりは、来客はちょっと少なめ。ピーク時で14人ほど(家族含む)。
そんな人数の食卓で、ちいちゃなMちゃんが大きな声をはりあげました。
「ちがうの~!これはおばあちゃんの歯なの~!」
Mちゃんは今年ぴかぴかの小学一年生。こんにちはのはにかみスマイルの口元からのぞいたのは、生え変わりの前歯のぬけ穴。
それからちょっと下をむいて、「歯っ欠けって言わないで。」

GWは特にこれといってイベントはなし。
牛の世話もあったし、オクラのハウスも気になったし、そうそう、お米の苗への水やりも今が一番大事なとき。かわらぬ日課。
だけど、みんなが来たら食卓はにぎやかで、食事の準備もみんなでするし、牛の世話も一緒にしたり、そうそう、オクラのハウス見学では沢山ほめてもらったりして。
いつもの日課にいろんなプラスアルファがついたみたい。
おもてなし、おもてなし、そう張り切りすぎるときもあるけれど、もてなされているのはもしかしたらこっちかも。
連休の神様は、みんなにのせて連休気分をちゃんとおいていってくれました。
これで釣果向上の魔法まで期待したら欲ですね。

f0236291_8513172.gif




▼ ということで唯一の釣果(「釜津田の小窓」より再掲)。
f0236291_8574491.jpg


▼ ついでに再掲。サクラサク。
f0236291_8591755.jpg


<< 『北の国の花っこ』第4号 ページトップ 連休の神様 >>
The Original Skin by Sun&Moon