北国岩手の山の中、釜津田暮らしも15年目。農家の嫁の毎日を絵日記風にお届け中。by AKI(kamatsuta2)
ヘビの魔術
2010年 07月 12日 | |

先日、親戚のおじさんのお見舞いへ行ってきました。
小さい頃からよく可愛がってもらっていて、いい思い出ばかりのおじさんで、会いに行くととてもよろこんでくれました。
普段の病状はわからないけれど、その日はとても元気な顔を見せてくれ、思い出の中とかわらず、冗談をいったりおどけてみせてくれたり、私もとてもうれしくなりました。
そんなおじさんは、もともとは田舎暮らし、山の中の農家育ちで、私の今のくらしぶりが手に取るようにわかるのかいろいろな思い出話をしてくれました。
田んぼの話、山の話、家畜や動物の話、そしてヘビの話。
ヘビをさぁ、よく捕まえてはいたずらしたもんさ。またあんな風に遊びたいなぁ。
あまり楽しそうにヘビの話をするので、私も負けずにヘビの思い出話をしてみました。
「うちの方じゃね、ヘビは水に入れちゃダメなの。死んでても生き返るんだって!」
おじさんは、あぁ、そうかもしれないなぁ!ヘビならそういうこともあるかもしれないなぁ!、と妙に神妙にうなずきながらいたずらっぽく笑いました。
ヘビってすごいよねぇ、魔術持ちだね。私も少し得意になりました。そしてヘビって、山暮らしの共通キーワードのひとつだったみたい。それに、こんなところでこんな形で思い出話を分かち合えるなんて。普段は邪険にしてるヘビだけど、ヘビってやっぱりすごいかも。おじさんのおかげでまたひとつヘビを見直しました。

でも、あまり上手に状況を説明できなかったような気がしています。
だから、絵に描いておくことにしました。
なかなか会いに行けないおじさんなので、めぐりめぐっておじさんのもとにこの絵が届き、またいたずらっぽく笑ってくれるといいなと思っています。(といわけで、お母さん、よろしく。)

f0236291_1131492.gif


<< ヤマカガシ、怖い。 ページトップ オクラ日記 vol.5 : 9... >>
The Original Skin by Sun&Moon