北国岩手の山の中、釜津田暮らしも15年目。農家の嫁の毎日を絵日記風にお届け中。by AKI(kamatsuta2)
路地近(ろじちか)
2010年 10月 13日 | |

長らくご無沙汰していました。
先日お話したとおり、引っ越し作業をしていて、すっかり日がたってしまいました。
引っ越しといっても部屋を移動するだけだったのですが、それでも一応引っ越しということで。

さて、その新しい部屋。
場所的には道路から見て家の裏側。
今までの部屋は通りに面していたから、家の中からでも、毎日、人や車や牛たちの往来が見れたりにぎやかだったので(牛の往来は、山上げや市場のときとか限定だけど。車はバスとかかもしか号とか)、新しい部屋はちょっとさみしい感じ。
だけどちょっと面白いこともある。

表通りの反対側を向いた部屋の窓。
そこは、小さな路地の真正面。
猫しか通らないその路地では、毎日、猫たちがどこかへ向かって駆けていきます。
いつもミャ~と、すりよってくる猫たちの、多分、それが「素」の姿かも。

新しい部屋の場所を誰かに教えるときがきたら、こう言おうと思っています。
「新しい部屋は、路地近(ろじちか)です。ただし猫の」
響きもいいし、なんだかとってもわくわくする。

f0236291_6171558.gif


<< 新しい出窓 ページトップ 近況報告 >>
The Original Skin by Sun&Moon