北国岩手の山の中、釜津田暮らしも15年目。農家の嫁の毎日を絵日記風にお届け中。by AKI(kamatsuta2)
マメな煮豆生活
2011年 01月 28日 | |
冬の間は、毎日豆を炊くのが日課のわが家です。多分ご近所も。
それは牛の餌用の煮豆だから。
牛たちの栄養補給には煮豆、なんとなくそんな感じ。
そんな煮豆は、「外ストーブ」で炊いています。
「外ストーブ」は外から家に入ってすぐの、作業着やら長靴やらが置いてある一角にあるストーブで、そこで暖をかね半日くらい鍋をかけておけばいい仕組み。
ぐつぐつ、楽ちんです。
そして一日、いい香り。マメな煮豆生活、なんだかいい。

ただ、ひとつ問題が。
一日ぐつぐつしている煮豆鍋。そのぐつぐつのまわりには煮豆のにおいが満ちています。
そしてあらゆるものが煮豆のにおいに。油断大敵。
けれど、そこは作業着置き場。その結果、作業着はどんどんどんどん煮豆のにおいに。牛たちの大好きな煮豆のにおいに・・・。

ふと、注文の多い料理店を思い出しました。
山奥、という設定もなんだかちょっと似ているような気がします。

f0236291_8461694.gif



▼ ということで、煮豆(昨年掲載したもの、再掲)
f0236291_8472249.jpg

<< こたつ自動車 ページトップ 正しいお寺の参り方 >>
The Original Skin by Sun&Moon