北国岩手の山の中、釜津田暮らしも15年目。農家の嫁の毎日を絵日記風にお届け中。by AKI(kamatsuta2)
神様の盃
2011年 06月 15日 | |
ときどきやってくるにわか雨に惑わされながらも、基本的に晴天が続き、みんながこぞって刈りはじめた牧草もなんとかきれいに乾きはじめてそろそろとりこみどきになってきた釜津田です。
わが家は明日あたりが乾草とりの予定です。ガンバルゾー。

さて、そんな一方で、今、私の中ではデントコーン(モロコシ)畑が熱い。
先日みんなで播いてからしばらくして芽が出はじめ、今は目下かわいい二葉が元気に伸びているところ。すごく個人的な意見ではあるけれど、緑の小さな葉っぱが二枚一組で上を向いてピュン!とひらいているのはなかなか可愛いものなのです。
そして、何より可愛いのがその真ん中。
ピュン!とひらいた二葉の真ん中、ちょうど芯の部分のところがくるんと筒みたいになっていて、そこにコロンと水がたまっているのです。
かなり説明力不足でなんのこっちゃな感じですが、いずれにしても、二葉の真ん中に水玉がコロン、と。そしてツルンと。形は可愛いし、色はきれい。

もしかしたら、デントコーンはこんな風に水をためて、多少の乾燥に耐えられるようなそんな仕組みになっているのかも・・・ふむふむ、と思いました。
だけどじっと見ていたら、だんだんそれが盃に見えてきました。
だって、その水はとってもおいしそうなのです。

デントコーンの二葉と思っていたそれは、実は、神様の盃なのかもしれません。
ありえなくもありません。

f0236291_9225679.gif


f0236291_9232660.gif



▼ 神様の盃。
f0236291_9242231.jpg
▼ かなり飲み放題。
f0236291_925986.jpg
▼ そして、緊急速報!初花ひらく♡@オクラ畑。
f0236291_9265061.jpg
▼ ちなみに、オクラハウスの今はこんな感じ。
f0236291_9273939.jpg

<< 乾草取りの思い出 ページトップ お先にどうぞ♡ >>
The Original Skin by Sun&Moon