北国岩手の山の中、釜津田暮らしも15年目。農家の嫁の毎日を絵日記風にお届け中。by AKI(kamatsuta2)
K 境
2012年 01月 17日 | |
昨夜さらさらと降った雪が、キラキラと美しい今朝の釜津田です。
ちなみに一昨日の朝は雪がはらはら。それもまた綺麗。

さて、そんな雪降る今日この頃。
輝く雪面は目の保養だけど、道路事情となると別。
このところ続いた雪と寒さで路面はすっかりつるつる、ぴかぴか、氷の道路となっています。
だた、そんな氷の道路はこのあたりでは釜津田地内だけ。
隣りの地区へ一歩踏み出すと、そこは多少の雪はあれど、道路はすっかり乾いていたりします。
しかもそれは線をひいたようにはっきりと分かれ目あり。

私が密かに「K境」と呼んでいるそこは、昨日もそんな状況でした。
そこからこっちは歩くのもおっかなびっくりの氷の道なのに、そこからあっちはすすいのすいの春のような道。
山の谷間や日当たりや風当たりの関係だとはおもいつつ、そのはっきりとした分かれ目に、何だか感心してしまいます。
神さまはときどき面白いことをする。
そしてグラデーション美しい水墨画とかぼかしが肝心(という噂)なお化粧は、もしかしたら苦手かもしれない。

f0236291_1020217.gif



▼ 実写版K境:境のこっち。
f0236291_10223211.jpg
▼ 境。
f0236291_1023145.jpg
▼ むこう。この先釜津田はずっとこう。
f0236291_10235219.jpg
▼ そして、足跡も輝く今朝の釜津田。
f0236291_10242520.jpg

<< いわいずみ歳時記 2012年1月編 ページトップ 本音と建て前 >>
The Original Skin by Sun&Moon