北国岩手の山の中、釜津田暮らしも15年目。農家の嫁の毎日を絵日記風にお届け中。by AKI(kamatsuta2)
山中夢
2012年 12月 19日 | |
目覚めている状態で見る夢を白昼夢というのなら、山の中でふと感じる不思議な感じを山中夢と言ってもいいかな。「さんちゅうむ」じゃなく「やまなかむ」。なぜなら響きがなんかいいから。

木漏れ日、草、葉、けもの道、風の色にいろんな光。
昨日は丸太の一本橋(風)やギャッ、ギャッと鳴く何かの声もありました。
うーんと高くまで上がったら、木々のてっぺんが下に見えて(傾斜がきついからとくに間近に見える)、そこから見通すむこうの空もなんだかいつもと違う空。

昨日は山へ行ってきました。山中夢をたのしんできました。

f0236291_1543717.gif


夏の山頂の放牧地で感じる心地よい解放感の天空夢、あたたかいストーブの横で見るうとうと夢も大好きです。あ、うとうと夢は本当の夢か。以上。ジャン!

▼ けもの道。わかるかな、どことなく踏みつけられたような一本道(先月の撮影)。
f0236291_157291.jpg
▼ 昨日は雪のシャーベットあり。
f0236291_1571577.jpg
▼ 木々の額の中の空。
f0236291_1574629.jpg



人気ブログランキングへ
気に入っていただけたら ↑ をポチッと応援お願いします♡
<< カツカツ、キラリ☆ ページトップ なりなりのコツ >>
The Original Skin by Sun&Moon