北国岩手の山の中、釜津田暮らしも15年目。農家の嫁の毎日を絵日記風にお届け中。by AKI(kamatsuta2)
マメ名人
2012年 12月 24日 | |
昨夜はうっすらと雪、今朝は氷点下10度だった今日の釜津田です。えーとつまり、とっても寒い昨夜と今朝だったわけなのです。
さて、そんな寒さの中ですが、最近は人の動きがやたらと活発な釜津田でもあります。
それは世にいう年の瀬の忙しなさ。今年一年お世話になったあの人に、この人に、ご挨拶をしておかなくっちゃ。そんな感じ。
手にはお土産と称してそれぞれの挨拶の品々などがあったり、なかったり。

昨日は近所のTさんの家の母さんがやってきてくれました。
いつも婆ちゃんの話し相手に来てくれるので、今日もそうかな、とのんきに「はいはい、いっつもすみませんー」と出て行ったら、どさっと豆が置かれました。
Tさんちの母さんは豆作り名人。いつもわが家でお豆腐つくるとき(といってもお豆腐屋さんにたのむのですが)は、Tさんの家から大豆を分けてもらいます。と同時に、毎年年末になるとこうしてどさっと豆をもってきてくれるのです。

Tさんちの豆で作るお豆腐はやっぱりおいしい、と思います。
つまり、Tさんちの豆がおいしいんだな、と思います。
そしておいしいだけじゃなく、力のもとにもなっているんだな、と思います。
だって、Tさんちの母さんは力持ち。
今回だって、ほら、「どさっ」だったでしょ、大豆ひと背負いを。
婆ちゃんと義母のちょうど中間あたりの御年をしてのその力と元気に、ほんと、いっつもびっくりしちゃう。
つまり私はファンなんです。

f0236291_12321834.gif



▼ いただいた大豆。つやつや、ぴかぴか。
f0236291_12484844.jpg

▼ ちなみに、豆を入れてきてくれた袋は元・牛の飼料袋。胸の「N」がなんだろう、と気になるの。
f0236291_12463868.jpg



人気ブログランキングへ
気に入っていただけたら ↑ をポチッと応援お願いします♡
<< わが家のメリークリスマス ページトップ 素敵な冬の昼下がり >>
The Original Skin by Sun&Moon