北国岩手の山の中、釜津田暮らしも15年目。農家の嫁の毎日を絵日記風にお届け中。by AKI(kamatsuta2)
よその牛舎
2013年 07月 11日 | |
それは総木造り。
冬はどうしているのか気になるけれど、見通しよくて風通しもよく、見通すむこうの木々の緑がどこか南国長屋風。
牛たちは食欲旺盛、こわいくらい。
いつも餌が上げやすそうな高さだな、と見ていた餌入れ(フネと言う)は、あげる人にだけでなく食べる牛にも使いやすそう(だったらどうしてうちではそうしないの?)。
”えぶり”に小箒。へー、こんな便利グッズがあったんだ。
牛たちは元気いっぱい。うちで見るおっとり親牛や甘えっこ子牛とはまた違う、ヤングでナウでやんちゃ(というより、迫力大)な牛たちがそこかしこ。それでも普段見慣れぬ人間の登場に、密かにすこし尻込み風?


先日、急用ができたというご近所さんのおうちの牛舎へ牛あずかい(牛の世話)へ行ってきました。臨時隣人ヘルパーというやつです(←そう?)。
わが家とは違う肥育農家(牛を大きく育てる)なので、一年中牛がいるのですが、へー!がいっぱい!
すぐご近所(というか、お互いが自分の家のようなお向かい同士)だというのに、未知がまだまだ広がっている。
隣りの芝生は青く見え、よその牛舎は面白い。

f0236291_9153852.gif



▼ 今朝は雨降り釜津田です。
f0236291_9224762.jpg





人気ブログランキング(地域情報) ★
↑ 気に入っていただけたら、ポチッと応援お願いします☆
<< 納涼ハウス ページトップ 最近の小窓より >>
The Original Skin by Sun&Moon