北国岩手の山の中、釜津田暮らしも15年目。農家の嫁の毎日を絵日記風にお届け中。by AKI(kamatsuta2)
釣瓶時(つるべどき)
2013年 11月 16日 | |
だいたいのところ、ハウスの片づけも目途がついた昨日です(ほっ)。
一方で、牛あずかい(牛の世話)がはじまって早2週間のこの頃です(早いなぁ)。

さて、その牛あずかい。それは朝と夕暮れ時の決まった時間の外仕事でもあります。
通勤通学でもそうかな、と思うのですが、決まった時間に決まった行動をしていると日々の変化がよくわかります。
今は夕刻、その日暮れの早いこと。時間帯も早ければ、暗くなってきたなと思ったとたんにもう日が暮れている、その早さ。
そんな日の暮れの早さを「つるべ落とし」に例えることを最近知った私です。
お恥ずかしながらではありますが、と同時に、へーそうなんだ、へー、へー、へー・・・と思っていたら、なんだか楽しくなってきました。
どうせなら、その超高速のつるべに乗って、次の日暮れの国までいっちゃいたいね。

そんなこんなの、そろそろね、慣れも出てくる牛あずかいも早2週間、ちょっと夢見る牛舎前トワイライトタイム。

f0236291_6213854.gif



▼ 何日か前の釣瓶時with飛行機の軌跡。
f0236291_6213074.jpg



人気ブログランキング(地域情報) ★
↑ ポチッと応援お願いします☆
<< 氷降る朝 ページトップ ロマンチストたちの健全な夜更け >>
The Original Skin by Sun&Moon