北国岩手の山の中、釜津田暮らしも15年目。農家の嫁の毎日を絵日記風にお届け中。by AKI(kamatsuta2)
町の小さな編集室
2013年 12月 12日 | |
真っ白でふわふわでスウィ~トな粉砂糖をふりかけたような雪がうっすら積もっていた今朝の釜津田です。でも気温は少し高め(マイナス1度)。昼間には粉砂糖、もとい、雪はとけてなくなるかも。

さて、先日は美容院へ行ってきました。なんと春の三月以来、あやうく年に一度の美容院になるところでした。
ただし髪型はほぼそのまま。毛先を少し切りそろえてもらったくらい。最近はあっちこっちを結ったり、留めたりしてぼさぼさ頭をしのいでいたので、イラストだとショートカットにみえる日もあったかもしないのですが、すっかり長髪になっています。目指せ、貞子です。
そして毛先だけとはいえ少し手入れをしてもらい、気分すっきりしたついでに、最近のお気に入りの場所へ行ってきました。
ついでというのは失礼でしたが、そこは小さな編集室。町の大通りの一角です。
以前は本屋さんだったそこは、いつからか編集室になり、最近では町の小さな情報誌を作ってくれていたりします。
そして何がいいかといえば、いついってもなんだかとってもニコニコとしてる感じ。
締切前のバタバタな中に突然お邪魔しても、バタバタしながらもコーヒーを出してくれて、バタバタしてごめんねーといいながらバタバタと一緒にコーヒーを飲んでもいい・・・みたいな。
うーん、なかなか言い伝えにくいのですが、不思議な居心地の良さがあるのです。それはそこにいる人たちが、一生懸命で嘘のない感じだからなのかも。
親しき人ほど知っている生来のへそ曲がりな私はそこですっかり癒されます。

当面そんな計画も野望もないのだけど、いつかまた本を出したいなーと思ったら、こういうところがいいな、と思っています。
最新の情報誌「ら・ほん・て」(記念すべき第二号)も発売中デス。

f0236291_9465514.gif




▼今朝の雪はこんな雪(雪の横顔コレクションより)。
f0236291_9481896.jpg
▼ 「ら・ほん・て」。第二号は龍泉洞特集でした。釜津田の特集も。お問い合わせは岩泉舎よしせん・泉編集室(rahonte@hitomida.net)へ☆
f0236291_9484826.jpg



人気ブログランキング(地域情報) ★
↑ ポチッと応援お願いします☆
<< おぉ、あら~、・・・・・・、ほか。 ページトップ ビネガー少年の少々の憂鬱 >>
The Original Skin by Sun&Moon