北国岩手の山の中、釜津田暮らしも15年目。農家の嫁の毎日を絵日記風にお届け中。by AKI(kamatsuta2)
だいたい バス
2014年 01月 21日 | |
大寒の昨日はほどほどの寒さだった釜津田です。
けれど婆ちゃんは「今日が一番寒いかも」と嘆いていました。毎日”一番寒い”婆ちゃんです(笑)。

さて、話は昨日のバス旅の続きです。
実はバスについてずっと描きたいことがあったのです。
でもなかなかバスにのる機会がなくて、ずっとずっと描きそびれいたのです。
それはそのバスの不思議。
不思議というか、へ~!なこと。
何がへ~!なのかというと、こちらのバスはなんとなく”だいたい”が多い気がするのです。

そもそもが最寄りといいつつ車で20分かかる”だいたい最寄り”。
いや、そのバス停自体が「だいたいあのあたり」という””だいたいバス停”。
他、待ち時間は”だいたい心細”かったり、”だいたい路線バス”だったり・・・あぁ、めくるめく”だいたい”の世界。

”だいたい”にもいろんな意味があって、まだきちんと整理はできていないのですが、
その”だいたい”はだいたいこんな感じです↓。

山の中のバスはそんな感じで少しおおらか?
めったに使えないけれど、使うたびにひとりくすくす、大好きなバスです。


f0236291_5545748.gif


f0236291_5551675.gif






▼ 先日の納豆。完・成・形☆
f0236291_5554045.jpg

▼ とある日の斜陽。
f0236291_5563025.jpg




人気ブログランキング(地域情報) ★
↑ ポチッと応援お願いします☆
<< わが家の凍み豆腐 ページトップ 山から街へ、バスの旅 >>
The Original Skin by Sun&Moon