北国岩手の山の中、釜津田暮らしも15年目。農家の嫁の毎日を絵日記風にお届け中。by AKI(kamatsuta2)
名月によせて
2014年 09月 09日 | |
カブ(株じゃなくて野菜のカブ)については詳しいことを全くわかっていないので理由を聞かれてもただただへらへらするのみなのですが、今年、初夏にきまぐれで播いたカブがとってもきれいな実になって、すごく楽しいこの頃です。
これもまた理由はよくわかっていないのですが、例年、夏のカブは肌がガサガサ、ゴツゴツで、実もあまりよくなくて、いつも「ちぇっ」と思っていたのです。
けれど今年のカブは本当にピカピカ(わが家比)。みるだけでまずうっとり気分にひたれます。
さてそして、昨日はそんなカブを抜きながら、「あぁ、ふふふ!」と思いました。

頃は名月、お月見の季節。
今年のカブはその月のごとし。オクラの星も添えたりして、名月によせ、かわいくご機嫌な畑のお月見。

f0236291_5262284.gif



▼ お月見 in 台所。
f0236291_5352253.jpg
▼ 最近はカブのマリネ(風)が気に入りです。もちろん(?)星(オクラ)添え。
f0236291_5354121.jpg
▼ 秋の夜長の唐辛子編み。
f0236291_5372443.jpg
▼ 季節は白露になりました。イラストはサンマですよー(大漁祈願も兼ねる)。―『いわて暮らしの季節暦2014』
f0236291_5375854.jpg




AKI's人気ブログランキング(地域情報・東北) ★
↑ 気に入っていただけたら、ポチッと応援お願いします☆
<< 今年の生り行き ページトップ 共進会2014(第58回岩手県... >>
The Original Skin by Sun&Moon