北国岩手の山の中、釜津田暮らしも15年目。農家の嫁の毎日を絵日記風にお届け中。by AKI(kamatsuta2)
山の涼み方
2015年 07月 15日 | |
今日はいくぶん涼しいですが、この何日か、こちらも猛暑となっていました。
人に出会えば「暑すぎるね~~」が一言目(~~の部分はぐったり感を満載に)、
義父はTシャツ・ズボン・くつ履きから、ランニング→短パン→草履→腹出し(ランニングシャツのすそを胸までたくしあげる)と見るたびにスタイルを変え、
義母はそんな義父のためにアイスクリームを探し求める。
出かけ用事の道すがらみかけたアパートの玄関先では、裸ですずむ赤ちゃんもいました(それはちょっとかわいい光景)。
沢水に冷やされるきゅうりの涼やかさはこんなとき特別にひきたち、そして山の林の木陰の風は爽やかすぎて暑さに夢中だった頭がすーっと平静を取り戻すくらい。
その中で、私は特に林の木陰が大好きです。
林はちょっと遠いけど、行けばそれは贅沢な山の涼しみ。

暑い日はみんな林へ行けばいいのに。そんなことも思ったりしました。
そうしたらきっと、みんな幸せになれるような気がしたのです。
背後の物音には充分に気をつけなくちゃいけないけれど、なかなかいい案ではないかと思っています。

f0236291_10224156.gif



▼ シガワリ(絹さや)も暑そうな一日。ちなみに季節はそろそろササギへ。
f0236291_10235371.jpg
▼ 空に浮かぶ雲がおいしそうに見えました(暑くても食いしん坊)。
f0236291_10271611.jpg



AKI's人気ブログランキング(地域情報・東北) ★
↑ 気に入っていただけたら、ポチッと応援お願いします☆

<< 羨 望 ページトップ センス・オブ・ワンダー アカハラ編 >>
The Original Skin by Sun&Moon