北国岩手の山の中、釜津田暮らしも15年目。農家の嫁の毎日を絵日記風にお届け中。by AKI(kamatsuta2)
もうひとつの闘牛の日の話
2015年 11月 09日 | |
物事にはいつもいろいろ側面が同時に存在するものと言ったり言わなかったりするけれど、前回描いた/書いた闘牛の話にも実は別のバージョンの世界がありました。
それがなにかといえば、大人の遠足バージョンです。

晩秋の、ぽっかりできた好天の休日の一日。
闘牛の前と後にももちろん沢山楽しみが転がっていたのです。
まだ刈らぬ隣町のデントコーン畑、みかんとドライブ、異次元へきっと続く山の上の扉。

忙しい秋の中だったけれど、なんだか楽しい一日でした。
忙しなかったから余計、楽しかったのかもしれない、のかな。
いずれ、大人の遠足は勢いと集中力もきっと大事。調子に乗ってしばらくはあちこちで勢いづいていたりしました。

f0236291_9523337.gif


f0236291_952539.gif


f0236291_9531254.gif


ちなみにこの日はまだ一、二ヶ所寄ったところもありました。
けれど、明日があるからと、珍しく(?)みな早々に解散。
大人の遠足は引き際も大事。体力の温存も遠足のうち。

▼ 山の上の風車。
f0236291_108739.jpg
▼ 欲しい扉。
f0236291_10135031.jpg
▼ そしてそれらは、帰って眺める山々で、カラマツが黄色に色づき始めていた頃でした。
f0236291_10121139.jpg


AKI's人気ブログランキング(地域情報・東北) ★
↑ 気に入っていただけたら、ポチッと応援お願いします☆
<< 紙単眼鏡 ページトップ 闘牛の世界 >>
The Original Skin by Sun&Moon