北国岩手の山の中、釜津田暮らしも15年目。農家の嫁の毎日を絵日記風にお届け中。by AKI(kamatsuta2)
I LOVE 毛ガニ(それからワカメも)
2016年 02月 12日 | |
今朝は天気がいいけれど、気温は氷点下9度まで下がっている釜津田です(午前9時)。雪は少ないけれど冷え込みは例年並みかもしれません。

さて、そんな釜津田は山の中ですが、時折話しにでてくるように、海も結構身近です。同じ町には海もあるし、生活圏には海辺の街も含まれるし、親戚や知り合いもそんな地域にいたりして、海から浜からのたよりも身近。春の海藻、初夏のウニ、夏のホヤに秋のイカ、冬はカキにアワビにサケにタラ・・・と山の食卓らしからぬ浜の旬も一年の食卓の欠かせない要素。

そんな中、これからの季節は先日のワカメや、そして毛ガニが楽しみ。ワカメもかなり好きなのですが、実は毛ガニも相当好き。いや、正直に言ってしまうと、毛ガニのファンというやつなんです。
味噌汁によし、鍋によし、そのままむしゃむしゃもいいし、かに味噌もうんといいんです。ほどよい大きさの殻には熱燗を入れたりしちゃうとまたうっとり。世の中にはきっといろいろなカニがあってそれぞれきっとおいしいだろうけど、こちらで知った毛ガニの味はもう私にはかけがえのないもの。以前行ったお祭りで、毛ガニを釣ったり、たちのぼる釜揚げ毛ガニ(?)の湯気や活気にワクワクした記憶がそれを後押ししているせいもあるのかもしれないけれど、一年間、待って待って、そしてやってくる毛ガニの季節は心から本当に楽しみなのです。
あぁ毛ガニ。ラブ・ユー・毛ガニ。
そしてそろそろやってきている毛ガニの季節。
ドキドキ、わくわく・・・・・・・だったのに―――
f0236291_9593395.gif


海(&浜)の問題は私の問題。
食卓から、ストップ異常気象、ストップ温暖化!(毛ガニのためにかなり熱めに)
でもきっと季節の毛ガニは手に入れます。高くても、季節のたよりは楽しみのひとつ。そしてめぐりあいも楽しみです。

▼ ところで、『いわてイーハトー部(ブ)に入ろう!』 岩手県 移住・定住ガイドブックのお手伝いをさせてもらいました。サブパンフレットの中で、岩手4エリアの紹介イラスト(&文字)です。見かけたらぜひ4649お願いいたします☆(さりげなくワサビの出荷作業の机上をそえて)
f0236291_107376.jpg
▼ エリア紹介はこんな感じ。
f0236291_1091649.jpg
▼ 気に入りの小ネタ(表紙より)。
f0236291_1095871.jpg
▼ そして昨日のメインディッシュ。シンプルねぎ焼き。
f0236291_10105291.jpg



AKI's人気ブログランキング(地域情報・東北) ★
↑ 気に入っていただけたら、ポチッと応援お願いします☆
<< 時には人さま ページトップ 凍み凍み始め >>
The Original Skin by Sun&Moon