北国岩手の山の中、釜津田暮らしも15年目。農家の嫁の毎日を絵日記風にお届け中。by AKI(kamatsuta2)
カテゴリ:■ 旬の味だより( 45 )
| |
|
2010年 12月 06日 | |

唐突ですが、キノコといえば秋だけど、実はそうでもないみたい。
今の時期、雪が降ってもその下からでも出てくるキノコがあって、ちょこっと本を開いてみたら、そのキノコは「ウインター・マッシュルーム」とも言うそうな。
こちらでは「最後のキノコ」と呼んだりします。
へ~、へ~、へ~。
この二、三年で知ったそんな冬のキノコだから、まだまだ詳しくないけど、なんだかキノコの世界もどどんと広く面白そう。
今度、わが愛しの移動図書館車かもしか号がやってきたら、キノコ図鑑を探してみたいと思っています。

ただしそのキノコの名前はあまりにも身近。
本名(?)はエノキダケ。だけど今まで知っていたキノコとは全く別物みたいな姿。ただ、おいしいことにかわりなし。
山のめぐみは冬も健在。そして食欲の冬がやってくる。少々悩まし。

f0236291_21493069.gif



▼ というわけでエノキダケ from T勝さん(小窓より再掲)。
f0236291_21333876.jpg
▼ そして、菜っ葉汁。うまいよ。
f0236291_21343376.jpg

2010年 10月 25日 | |

昨日は稲こき。
と、いうわけで・・・

f0236291_1733425.gif



何年かぶりに、”新米食ったぞ”描いてみました。
今年もとっても幸せでした。

▼ 新米は、香りとつやが最初の楽しみ。(小窓より再掲)
f0236291_1782517.jpg

▼ 稲こきメンバー。今年もお陰さまでした。
f0236291_1785578.jpg

▼ ちなみに藁は牛舎の二階へ。牛の敷き草になったり、餌になったり。
f0236291_179185.jpg

▼ ついでに脱穀機の中身。これでちゃんと稲こきできるんだから、密かにすごい。
f0236291_1794372.jpg

2010年 09月 27日 | |

今朝の気温は5度。朝、昼、夜の寒暖の差が大きくなったこの頃の釜津田です。
ちょっと寒すぎ。でも昼は比較的あたたか。身体はびっくりするけれど、キノコにとってはよい気候。
程よい湿り気と寒暖の差が、おいしいキノコが出る目安。
そして先日はアミコ(アミタケ)をぱくり。

さて、そのアミコ。
それは加熱すると色が変わる、マジックキノコのひとつなんです。
大好きなキノコのひとつだけど、その大好きの理由には、そんなマジカルさももちろんこみ。

秋の山村。景色も劇的に変わるけど、キノコの色も劇的に変わる。

f0236291_6135413.gif



▼ アミコのわさび和え♡
f0236291_6151175.jpg

▼ もとはこんな色。ちなみに、キノコの裏が網目になっているからアミタケだとか。
f0236291_615443.jpg

2010年 06月 06日 | |

朝も早よから、カッコーの元気な声が聞こえるこの頃の釜津田です。
カッコーの声にもやっと気が向くようになった今日この頃。
そして先日は、親戚がお友だちとワラビ採りにやってきました(ちなみに、この「ワラビ採り」はワラビを採ること)。ワラビの季節のこの頃でもあります。

さて、そんなワラビ採りの翌日のこと。
玄関先で、義母が小さくしゃがみこみ、なにやらせっせとゴシゴシゴシ。
靴でも洗っているのかと思ったら、手の中にあったのは採ってきたばかりのワラビの束。
それをひたすらゴシゴシゴシ。
義母曰く、それはワラビが美味しく食べられる、しかも無駄なく食べられる秘密のひと手間。
へ~、なるほど。10年目にしてはじめて知るワラビの食卓の舞台裏。

f0236291_5405888.gif



□ 類似技:魔法のふるふる


▼ ゴシゴシワラビ。
f0236291_5414818.jpg
ちなみに、白い雪みたいな塊は塩。
ひと手間かけたら塩漬けにして、お盆やお正月用に。

2010年 04月 07日 | |
一昨日ヤマメ1尾、昨日イワナ2尾。
わが家の食卓にザッコ(雑魚=川魚)がとうとう登場いたしました。
先日から川漁が解禁になり、去年から急に釣りに目覚めたTAAの今季初釣果です。
だけど、去年から急に釣りに目覚めたTAAだから、なかなか釣果はあがりません。
いずれにしても、家族5人分を調達するには、なかなか技が必要みたい(しかも夕方40分くらいの間でだから・・・ということで)。

というわけで、昨夜の食卓はイワナと、家にあった魚(カレイの干物)のまぜこぜメニュー。
まぜこぜメニューの困るところは、さて誰が何を食べるか。
大きさにせよ味にせよ、よくわからないけど市場価格にせよ、それぞれにはそれぞれの違いがいろいろあるのです。特にイワナとカレイには、ちょっと差がある気がします。
だからそんな時は皆に素直に聞くのが一番。
「どっちがい~い?」のその問いに真っ先に答えたのはなんと婆ちゃん。
そして答えは、「はい、私は、小さい方♡」。

小さい方はイワナのこと。
カレイは骨が気になるし、もともとザッコ育ちだし、そもそも食べすぎはよくないし・・・いろいろな事情をかんがみての婆ちゃんらしい選択だけど、「イワナ」ではなく、「小さい方」と言われると、なんだかご褒美がついてきそう。

家族5人分を調達するには、なかなか技が必要です(しかも夕方40分の間でですし)。
だからザッコな食卓はたいていいつもまぜこぜメニュー。
だけど、大きい方と小さい方、家族分の魚をTAAが見事にど~んと釣る日まで、ザッコな食卓はちょっと賑やか。
というわけで、川魚の季節の釜津田です。

f0236291_1534132.gif




▼ これは前夜のヤマメ。

▼ 昨日生まれた男の子。



AKI's人気ブログランキング(地域情報・東北) ★
↑ 気に入っていただけたら、ポチッと応援お願いします☆
ページトップ
The Original Skin by Sun&Moon