北国岩手の山の中、釜津田暮らしも15年目。農家の嫁の毎日を絵日記風にお届け中。by AKI(kamatsuta2)
タグ:わたしの神様 ( 17 ) タグの人気記事
| |
|
2012年 07月 05日 | |
「不在にします」のお知らせから早一週間。
ツイッターの方では帰宅の報告をしていましたが、こちらではまだでした。
帰宅したのは2日の夕方。
それから田畑の見回り、近所へのご挨拶、荷解き、回覧板回し、オクラの出荷の準備(あくまでも準備、出荷はまだもうちょっと先かも)等々、旅の終わりにすべきことをすべておえて(多分)やっと今、帰宅の報告とあわせてどどーんとクイズの正解の発表です。

クイズなんてしてたっけ?
う~ん、していたことにしておきます。
ということで、数日間の練りに練ったぶらり旅、行ってきたのは・・・

f0236291_9585763.gif



次回、旅日記へつづく(・・・か?)。


▼ ほらね、ウォータースライダーのような、ジャンプ台のような、流しそうめん台のような。
f0236291_1011699.jpg
▼ 長城登りの友。
f0236291_1025098.jpg

2012年 01月 17日 | |
昨夜さらさらと降った雪が、キラキラと美しい今朝の釜津田です。
ちなみに一昨日の朝は雪がはらはら。それもまた綺麗。

さて、そんな雪降る今日この頃。
輝く雪面は目の保養だけど、道路事情となると別。
このところ続いた雪と寒さで路面はすっかりつるつる、ぴかぴか、氷の道路となっています。
だた、そんな氷の道路はこのあたりでは釜津田地内だけ。
隣りの地区へ一歩踏み出すと、そこは多少の雪はあれど、道路はすっかり乾いていたりします。
しかもそれは線をひいたようにはっきりと分かれ目あり。

私が密かに「K境」と呼んでいるそこは、昨日もそんな状況でした。
そこからこっちは歩くのもおっかなびっくりの氷の道なのに、そこからあっちはすすいのすいの春のような道。
山の谷間や日当たりや風当たりの関係だとはおもいつつ、そのはっきりとした分かれ目に、何だか感心してしまいます。
神さまはときどき面白いことをする。
そしてグラデーション美しい水墨画とかぼかしが肝心(という噂)なお化粧は、もしかしたら苦手かもしれない。

f0236291_1020217.gif



▼ 実写版K境:境のこっち。
f0236291_10223211.jpg
▼ 境。
f0236291_1023145.jpg
▼ むこう。この先釜津田はずっとこう。
f0236291_10235219.jpg
▼ そして、足跡も輝く今朝の釜津田。
f0236291_10242520.jpg

2011年 09月 19日 | |
このところ、晴れない日々が続いています。
一日、二日、暑いくらいの日もあったけれど、数えてみればもう一週間も曇りや雨の毎日です。
こんな毎日は、気分転換にどこかへ出かけようかとも思うけど、本来ならサイロ詰めのはじまる時期で、晴れればその準備もしたくなるしと、結局中途半端に家籠り。かといって、することもなし。
晴れない日々に、気持ちもだんだん晴れなくなって、うだうだ、だらだら。
あぁ、もう、どうしたの?このどんより毎日。眉間にしわ寄せ、いらいら、もやもや。

・・・と、そんなことばっかり思っていたこの頃。いや、それしか考えていなかった24時間オール”負”のこの頃。
だけど、ふと思い出しました。神様のこと。
こんなに毎日雨なんて、神様、失恋でもしたのだろうか。
もしそうならば、それは一緒に悲しみたい。
でも、なぜでしょう。そんな神様を思い浮かべたら、急に楽しくなってきてしまった。
神様、ごめんなさい。こんな私をお許しを。

f0236291_10485650.gif



▼ 毎日こんな。
f0236291_1050471.jpg
▼ 今日もこんな。
f0236291_10512445.jpg
▼ でも、一瞬晴れると、その時はきれい。
f0236291_10515759.jpg
↑ 以上、<うつうつフォトギャラリー in 晴れない日々>でした。
2011年 06月 15日 | |
ときどきやってくるにわか雨に惑わされながらも、基本的に晴天が続き、みんながこぞって刈りはじめた牧草もなんとかきれいに乾きはじめてそろそろとりこみどきになってきた釜津田です。
わが家は明日あたりが乾草とりの予定です。ガンバルゾー。

さて、そんな一方で、今、私の中ではデントコーン(モロコシ)畑が熱い。
先日みんなで播いてからしばらくして芽が出はじめ、今は目下かわいい二葉が元気に伸びているところ。すごく個人的な意見ではあるけれど、緑の小さな葉っぱが二枚一組で上を向いてピュン!とひらいているのはなかなか可愛いものなのです。
そして、何より可愛いのがその真ん中。
ピュン!とひらいた二葉の真ん中、ちょうど芯の部分のところがくるんと筒みたいになっていて、そこにコロンと水がたまっているのです。
かなり説明力不足でなんのこっちゃな感じですが、いずれにしても、二葉の真ん中に水玉がコロン、と。そしてツルンと。形は可愛いし、色はきれい。

もしかしたら、デントコーンはこんな風に水をためて、多少の乾燥に耐えられるようなそんな仕組みになっているのかも・・・ふむふむ、と思いました。
だけどじっと見ていたら、だんだんそれが盃に見えてきました。
だって、その水はとってもおいしそうなのです。

デントコーンの二葉と思っていたそれは、実は、神様の盃なのかもしれません。
ありえなくもありません。

f0236291_9225679.gif


f0236291_9232660.gif



▼ 神様の盃。
f0236291_9242231.jpg
▼ かなり飲み放題。
f0236291_925986.jpg
▼ そして、緊急速報!初花ひらく♡@オクラ畑。
f0236291_9265061.jpg
▼ ちなみに、オクラハウスの今はこんな感じ。
f0236291_9273939.jpg

2010年 05月 06日 | |

GWもあっという間に終ってしまいました。
とくにスペシャルイベントが待っていたわけではないけれど、終ってしまってちょっとがっかり。だけど桜もとうとう咲いて、気分爽快の連休明けです。

さて、今年のGWもかわらずにぎやかに。
ただいつもよりは、来客はちょっと少なめ。ピーク時で14人ほど(家族含む)。
そんな人数の食卓で、ちいちゃなMちゃんが大きな声をはりあげました。
「ちがうの~!これはおばあちゃんの歯なの~!」
Mちゃんは今年ぴかぴかの小学一年生。こんにちはのはにかみスマイルの口元からのぞいたのは、生え変わりの前歯のぬけ穴。
それからちょっと下をむいて、「歯っ欠けって言わないで。」

GWは特にこれといってイベントはなし。
牛の世話もあったし、オクラのハウスも気になったし、そうそう、お米の苗への水やりも今が一番大事なとき。かわらぬ日課。
だけど、みんなが来たら食卓はにぎやかで、食事の準備もみんなでするし、牛の世話も一緒にしたり、そうそう、オクラのハウス見学では沢山ほめてもらったりして。
いつもの日課にいろんなプラスアルファがついたみたい。
おもてなし、おもてなし、そう張り切りすぎるときもあるけれど、もてなされているのはもしかしたらこっちかも。
連休の神様は、みんなにのせて連休気分をちゃんとおいていってくれました。
これで釣果向上の魔法まで期待したら欲ですね。

f0236291_8513172.gif




▼ ということで唯一の釣果(「釜津田の小窓」より再掲)。
f0236291_8574491.jpg


▼ ついでに再掲。サクラサク。
f0236291_8591755.jpg


2010年 05月 01日 | |

昨日は夕方にわか雨。
今の今まで晴れていたのにいきなりバーっと降ってきて、
折りしもそれは牛の世話の時間のことで、子牛も私も慌てて雨避け猛ダッシュ。
そしてTAAも猛ダッシュ。
「スコールだ、スコールだ、南の国だ」

最後の「南の国だ」は私が勝手につけました。
だって、スコールといえば南国です。そして世の中連休です。
嫁の夢もふくらむ、国内、海外、南の島。
だけど今年も行けません。でも仕方なし、わんぱくざかりの子牛もオクラハウスも気になるし、いつの日かまとめて取ろう、オリジナル連休。
そんなこんなで、にわか雨、もといスコールは、連休の神様が、ちょっとだけ憧れの南の国気分を味あわせてくれたのかもしれません。
あと10分雨が降るのが遅ければこんなにぬれずにすんだのに、そんなTAA氏はさておいて、
あら、今日もメルヘンでした。
f0236291_15195458.gif



▼ スコールの後。きらり、神様の贈り物。
f0236291_630465.jpg


▼ スコールの後、2。水(雨)嫌いのちゃこさんはプチショック。
f0236291_631273.jpg


2010年 05月 01日 | |
わたしの神様は、結構あちこちに出没します。
以前のブログの中では以下の記事の中に。

神様の降りてきた朝 (2009/09/10)
神様のアラレ袋 (2009/02/10)
神様のわたあめ (2008/09/12)
神様のアイスキャンディー (2006/10/13)
by kamatsuta2 | 2010-05-01 05:44 | お知らせ |
ページトップ
The Original Skin by Sun&Moon